夫が残した資産4割を失う!【未亡人型富裕層】の失敗例

 今回からは3回続けて、番外編として、富裕層が陥りやすい資産運用の失敗例をご紹介します。資産がケタ違いな富裕層は、失敗額もダイナミック。失敗例から学べる損失回避のコツ、資産回復の方法などを探っていきましょう。

 

 

資産の4割が消失。もっと早く相談してほしかった!

 元会社オーナーが亡くなり、L夫人が相続したのは、毎月分配型の、海外の債券に広く投資をする比較的安定的な投資信託や、株式型の投資信託でした。しかし相続後、金融機関の担当者がL夫人に勧めたのは、分配金がもっと高い投資信託や、人気があって売れ筋と言われる投資信託でした。

 これらは、利回りが比較的高い分リスクも高いハイイールド債券や、新興国通貨との為替取引からも収益を狙う、いわゆる通貨選択型投資信託、株式への投資に加えて株式カバードコール戦略及び通貨カバードコール戦略を組み合わせる複雑な仕組みの投資信託など、アグレッシブな投資信託です。

 そして、2015~2016年ごろ、中国経済が不安視され世界的に金融市場から資金が流出した時期に、L夫人の資産は、どんどん損失が膨らんでいきました。私が相談を受けたとき、L夫人は、資金のほぼ4割近くを失ってしまった後だったのです。