<<前編『20代から堅実に増やし、将来に備える投資とは?』に戻る
後編『100円からでも投資を始めてみよう!』へ続く>>

 人気プロブロガー&投資家のタクスズキさんインタビュー中編をお送りします。今回はどんな視点でどんな投資商品を選んでいるか、さらにリスクに対する考え方について伺いました。

―――前編では2017年にソーシャルレンディングに出合い、投資を始めたとお伺いしました。次に始めたのがロボアドバイザーを使った資産運用ですね。これも「ほったらかし」投資だからですか。 

 本業のブログに集中したかったので、まったく手間をかけずにお金を増やせる投資はないかとリサーチしたところ、ロボアドバイザーが見つかったのです。ロボアドに関するセミナーに行って、これならほったらかしで投資ができると思いました。

―――ロボアドは投資スタイルに関するいくつかの質問に答えるだけで、投資スタイルに最適なポートフォリオを作成してくれます。これまでのお話からすると、投資スタイルは「堅実」ですか?

 ところがロボアドでは、ガンガンに攻める投資スタイルと診断されました(笑)。20代は(仕事で稼ぐことができるので)リスクを取れると投資本で学んでいたので、そのセオリー通りに答えていったら、リスク許容度は最大で、株式が多めに入ったポートフォリオになりました(笑)。

 2017年3月頃からロボアドを使った積み立てを始め、最初の投資資金は100万円で、最大で13%の含み益が出ていました。含み益は増えたり減ったりしていますが、ずっと長期投資で続けていくので、いちいち気にしていません。

 ロボアドの次に投資信託の積み立てを始めました。最初にバランス型(株式・債券・不動産などに分散投資する投信)を買ったのですが堅実すぎてあまり面白味を感じなかったので、株式のインデックスファンドに切り替えました。日経225、TOPIX(東証株価指数)、米国の株価指数、先進国、新興国…ブログのレビューがてらいろいろな銘柄を買いました。今は厳選して米国株、先進国株のインデックスだけを持っています。日本株のインデックスよりも成長する可能性が高いと思ったからです。