楽天証券では3月18日より、「PTS」を使って、夜間(17時~23時59分)でも日本株の売買ができるようになりました。今日は、PTSを使う2つのメリットについて、解説します。

株式取引をできるのは、証券取引所だけでない。「PTS」(私設取引システム)でも可能

「PTS」という言葉を聞いたことがありますか?「PTS」は、「Proprietary Trading System」(私設取引システム)の略称です。株式の取引は、東京証券取引所や名古屋証券取引所のような取引所だけでなく、PTSでもできるようになっています。

 日本で運営されているPTSは、以下の2つだけです。

◆ジャパンネクストPTS(JNX) SBIジャパンネクスト証券株式会社が運営

◆チャイエックスPTS(Chi-X) チャイエックス・ジャパン株式会社が運営

 楽天証券では、上記2つのPTSどちらにも、取引を取り次ぐことができます。取引時間は、以下の通りです。

 

PTSの取引時間

◆ ジャパンネクスト

デイタイム 8時20分~16時
夜間取引  17時~23時59分

◆ チャイエックス

デイタイム  8時~16時 

 

PTS取引、2つのメリット

 PTSで日本株を売買するメリットは、以下の2つです。

【1】東証が開いていない時間(朝・昼休み・大引け後・夜間)にも売買が可能

【2】東証が開いている時間帯に、東証よりも安く買い、高く売る機会が得られることがある

以下、詳しく説明します。

【1】取引時間が東証よりも長い

東京証券取引所、ジャパンネクスト、チャイエックスの取引時間比較


 
出所:楽天証券経済研究所作成

 PTSを使うと、東証が開く前(チャイエックスなら8時~8時59分)、昼休み(11時31分~12時29分)、大引け後(午後15時1分~16時)にも、取引を行うことができます。また、夜間(ジャパンネクストで17時~23時59分)にも取引できます。