1959(昭和34)年1月26日

パーキングメーター登場

 1959(昭和34)年1月26日、東京都心にパーキングメーターが登場しました。駐車場不足と長時間の路上駐車の排除を両立させる一石二鳥の制度です。

 当時は自動車の普及が始まったばかりでしたが、東京都心部に限っては交通渋滞も発生し、社会問題化しつつありました。そこで、無秩序な路上駐車をなくすため、道路交通法に「時間制限駐車区間」という規定を設け、一定時間に限って有料で路上駐車を認めるパーキングメーターの導入が決まりました。自動車先進国アメリカでの成功例にならった措置です。

 1号機は旧・東京都庁舎の前に設置されました。駐車料金は15分で10円。郵便はがき1枚が10円、国鉄の初乗りが20円の時代です。パーキングメーターは東京・日比谷にも設置され、合計1,283台が稼働しました。

 現在、1月26日は「有料駐車場の日」「パーキングメーターの日」になっています。

 

1959年1月26日の日経平均株価終値は

681円25銭