29年前の今日…

1989(平成元)年12月29日

日経平均が史上最高値、バブル絶頂

 

  今から29年前の1989年12月29日、年内最後の取引日「大納会」を迎えた東京証券取引所で、日経平均が史上最高値を付けました。終値は38,915円87銭、取引時間中の高値は38,957円44銭。バブル経済の絶頂期の記録です。

 当時は日銀による低金利政策と政府の積極財政政策が上手にかみ合い、空前の好景気でした。行き場のない投資マネーは空前の「財テク」ブームを生み、株式と不動産を中心に大量の資金が流入しました。

 1989年の日経平均は1月4日の大発会の朝、30,165.52円でスタート。年末までに8,750.35円、率にして29%も急騰しました。「1990年は5万円」「数年で10万円」と強気な見通しが市場を覆ったのですが、年明けから相場は崩れ、1990年1月だけで日経平均は1,726円92銭も下落しました。その後、1990年代には株価の後を追うように、地価やGDP(国民総生産)、雇用などが次々とピークを迎え、バブル崩壊が明白になっていきました。

 

1989年12月29日の日経平均株価終値は

38,915円87銭

算出開始後「12月29日」の日経平均株価は前日比で

値上がり:13回

値下がり:8回