48年前の今日…

1970(昭和45)年10月21日

佐藤栄作首相が日本人初の国連演説

非核三原則提唱、沖縄返還を成し遂げた佐藤栄作は「政界の団十郎」「早耳の栄作」と称された

  今から48年前の1970年10月21日、佐藤栄作首相が国連総会で演説しました。日本人の首相として初めてです。

 佐藤首相は1964年11月から1972年7月にかけて、第61~63代内閣総理大臣を務めた大物政治家です。佐藤氏は国連創設25周年記念総会で演説し、核兵器を「作らない」「持たない」「持ち込ませない」の非核三原則など日本の「平和国家」としての理念を世界に訴えました。深刻な戦争被害を体験した国のトップとして平和への願いを世界に訴えたのです。当時は東西冷戦のさなかでもあり、佐藤氏の政治姿勢に対して、米国を中心とする西側陣営や国内から批判もありました。

 佐藤首相はその4年後の1974年、非核三原則の制定などが高く評価され、ノーベル平和賞を受賞しています。その際、佐藤氏は「ノーベル賞は個人ではなく、日本の国がもらった」と述べたと伝えられています。

 

1970年10月21日の日経平均株価終値は

2,106円84銭

算出開始後「10月21日」の日経平均株価は前日比で

値上がり:21回

値下がり:32回