facebook twitter
世界同時株安、なぜ?リバウンドと二番底と年末レベル
広瀬 隆雄
わかりやすいグローバル投資レポート
グローバル投資に精通する広瀬隆雄氏に、新興国株式だけでなく、米国株、欧州株をはじめとする先進国株式など、海外全般の経済や投資ストラテジーをご紹介いただきます。

世界同時株安、なぜ?リバウンドと二番底と年末レベル

NEW 2018/10/15
・世界同時株安
・なぜ円高に?
・米国は対立回避に動く
・長期金利上昇は一服
・決算発表シーズンに突入
・センチメント的にも「陰の極」
・投資戦略
facebook twitter メールで送る 印刷

世界同時株安

 今週は世界的に株式市場が荒れています。先週ゴールデンウイークでお休みだった上海市場が、週明けに-4%で始まったことが世界のマーケットの地合いを決定づけたと思いますが、その背景にはエスカレートの様相を見せる米中貿易戦争への世界の投資家の不安があると思います。

 米中貿易戦争は中国経済にとってはGDP成長率を押し下げる効果をもたらし、米国経済にはインフレを煽る効果をもたらします。どちらも株式市場にとって悪いです。

なぜ円高に?

 このように世界の株式市場がギクシャクしはじめると投資家はリスク回避の姿勢を取ります。それは世界に投資していた資金を引き揚げることを意味します。

 日本の投資家も世界に投資しているのでこれは「外国の資産を売り、お金を日本に戻す」ことになり、これは円高要因です。

 今回、突然、円高になったのはそのような理由だと考えます。

米国は対立回避に動く

 連日のニューヨーク市場の下落を見た米国政府は米中貿易戦争をエスカレートすることを思いとどまる素振りを見せ始めています。具体的には米国財務省が中国を為替操作国に認定しないということを繰り上げ発表しました。これは11月にアルゼンチンで行われる米中トップ会談に向けて米国側がムードを改善すべきだと考えていることの表れだと思います。

長期金利上昇は一服

 もうひとつマーケットにとって良い材料としては米国10年債利回りが3.15%の水準まで下がってきたことです。株式市場が荒れているので(ここはいったん、債券に避難しておこう)という買いが債券に入り、債券価格が上昇したことがその理由です。

 

決算発表シーズンに突入

 今週から米国は第3四半期決算発表シーズンに突入しています。米国の企業業績は好調であり今回の決算発表シーズンでも米国企業は高水準のEPS(一株当たり利益)成長率を記録すると予想されています。

 

センチメント的にも「陰の極」

 これを書いている10月11日(木)引け後の時点でCBOEボラティリティー指数は24.98に達しています。これは投資家がかなり慌てていることを示唆しています。

 

 またインベスターズ・ビジネス・デイリーの計算によるプット・コール・トレーディング・ボリュームも1.20という極端に悲観的な数値を示しており、過去にこのような水準になった場合は絶好の買い場でした。

投資戦略

 現在、市場参加者は極端に悲観的になっているため今は買い場ではないかと考えています。マーケットはかなり鋭角的にこれまでの調整幅(-7.2%)の半値戻しを達成すると思います。

 ただ相場は一本調子には出直りにくいもの。したがって、もう一度二番底を模索する展開があると思います。

 ただ年末のニューヨーク市場は、いまよりは高い位置にあると思います。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください世界同時株安、なぜ?リバウンドと二番底と年末レベル

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

世界同時株安、なぜ?リバウンドと二番底と年末レベル

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
年末高
 
投資ワクワク
 
お宝優待株
 
投資の失敗
 
はじめての下落相場
 
はじめよう株主優待生活
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。