64年前の今日…

1954(昭和39)年10月6日

日本が途上国援助組織に加盟

「コロンボ・プラン」は、アジア太平洋地域諸国へ技術協力し、経済・社会開発の促進と、生活水準向上が目的

 今から64年前の1954年10月6日、日本は開発途上国を援助する組織「コロンボ・プラン」に加盟しました。敗戦からわずか9年後のことです。

 コロンボ・プランはアジアと太平洋圏の開発途上国を援助する団体です。もともとはイギリス連邦内の組織でしたが、他国の参加も募るようになりました。第1回会合が1950年にスリランカの都市コロンボで開催されたことが、団体の名前の由来です。

 当時の日本は戦後復興の最中。豊かさとはほど遠く、「援助」といえば受けるばかりの立場でした。しかし、今度は国際社会に恩返しして、援助する側にも回ったのです。日本は得意の工業力を活用して途上国への技術協力を進め、海外からの研修員の受け入れにも力を入れました。

 1987年には外務省とJICA(国際協力事業団)が10月6日を「国際協力の日」としました。

 

1954年10月6日の日経平均株価終値は

346円23銭

算出開始後「10月6日」の日経平均株価は前日比で

値上がり:36回

値下がり:20回