33年前の今日…

1985(昭和60)年9月22日

プラザ合意成立、円高誘導で先進国が一致

会議の会場となった、ニューヨークのプラザホテル

 今から33年前の1985年9月22日、G5(日米など先進5カ国)が、為替相場の円高・ドル安誘導で一致し、声明文を発表しました。G5による会議が開かれた米国・ニューヨークのプラザホテルにちなんで、プラザ合意と呼ばれています。

 会議は日米のほか、イギリス、フランス、カナダが参加。日本からは後に首相となる竹下登大蔵大臣が出席しています。

 議題はドルの安定。米国は「双子の赤字」と呼ばれる、財政赤字と貿易赤字が拡大。ドルの価値が揺らぎ、世界経済の懸念要因となっていました。米国の貿易赤字の大半が日本との貿易によるもの。貿易赤字削減のため、為替を円高・ドル安に誘導するのが合意の柱でした。

 合意発表からわずか1日で、為替レートは1ドル=235円前後から20円も円高に動き、翌1986年7月には150円台まで円高が進みました。大幅な円高は、自動車や電機といった輸出企業に経営効率化を迫るとともに、国民生活では輸入品の消費が拡大したほか、海外旅行ブームが起きました。

1980年9月22日の日経平均株価終値は

12,666円95銭

算出開始後「9月22日」の日経平均株価は前日比で

値上がり:26回

値下がり:27回