facebook twitter
「日経平均2万3,000円突破!」の落とし穴と狙うべき銘柄
足立 武志
知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識
株式投資がうまくいかない、という個人投資家の皆様へ。実践をベースにした「すぐに役立つ真の基礎知識」は、お客様の株式投資戦略に新たなヒントを提供。負けない、失敗しないためにはどのよ…

「日経平均2万3,000円突破!」の落とし穴と狙うべき銘柄

2018/9/20
・日経平均株価・「4度目の正直」で壁突破
・日経平均株価以外の株価指数はどうなっているの?
・実態は「日経平均株価主導」の株価上昇
・あくまでも強い銘柄についていく
facebook twitter メールで送る 印刷

 ついに日経平均株価が「2万3,000円の壁」を突破してきました。これを受けて、ここから日本株に対してどのような戦略を取るべきか、筆者の考え方をお話したいと思います。

 

日経平均株価・「4度目の正直」で壁突破

 2018年に入ってからの日本株は、非常に難しい環境でした。日経平均株価は1月23日に2万4,129円34銭高値を付けた後反落し、3月26日に2万347円49銭の安値をつけるまで、2カ月で4,000円近く値を下げました。

 その後、反発に転じるものの、5月21日につけた2万3,050円39銭の戻り高値をその後、超えられずにいました。

 5月21日以降の戻り高値は次のようになっています。

  • 5月21日 2万3,050円39銭
  • 6月12日 2万3,011円57銭
  • 7月18日 2万2,949円32銭
  • 8月30日 2万3,032円17銭
  • 9月14日 2万3,105円28銭

 このように、6月、7月、8月と5月21日の戻り高値にチャレンジしたものの、ことごとく跳ね返されていたのが分かると思います。

 そしてついに、9月14日に2万3,105円28銭まで上昇し、5月21日の戻り高値を超えたのです。

 これまで跳ね返されてきた戻り高値を抜けたということは、それだけ強い買いが入ったことを表します。そのため、ここからさらなる株価上昇が期待できます。

 

日経平均株価以外の株価指数はどうなっているの?

 ただ、これはあくまでも日経平均株価に限った話です。日経平均株価と並んで日本株の状況を表す株価指数のTOPIX(東証株価指数)の動きを見ると、日経平均株価とはだいぶ様相が異なります。

 TOPIXの5月21日の戻り高値は、1819.74ポイントです。そして9月14日の高値は1730.27ポイントです。

 5月21日より、9月14日の方がだいぶ低いことが分かります。

 日経平均株価は5月21日の高値を9月14日に上回りました。でもTOPIXは5月21日の高値に大きく後れを取っている、これが実態なのです。

 さらに、新興市場銘柄の動きの指標となるマザーズ指数を見ると、5月23日の戻り高値1184.78ポイントに対し9月14日は1018.43ポイントとなっていて、14%も低い水準にとどまっています。

 

実態は「日経平均株価主導」の株価上昇

 上記をまとめると、3つの株価指数のうち、最も強いのが日経平均株価、ついでTOPIX、最も弱いのがマザーズ指数となっています。

 一般的に、日本株全体の動きをより実態に近い形で表すのは、225銘柄で構成されている日経平均株価ではなく、東証1部全銘柄で構成されているTOPIXであると言われています。

 ということは、現状の日本株の実態は、日経平均株価主導の株価上昇である、ということができます。

 日経平均株価には先物もあり、これを売買する投資家も数多くいます。特に資金量が膨大な投資家やヘッジファンドが日本株を買い上げるときは、現物ではなく、まず日経平均先物を買うことが多いのです。今回の上昇も、日経平均先物に大量の買いが入ったためと考えられます。

 ですから、今後先物だけではなく個別銘柄にも資金が流入してくれば、出遅れているTOPIXや個別銘柄も大きく上昇するでしょう。でも、現段階ではそこまでの状況にはなっていません。

 

あくまでも強い銘柄についていく

 これらから考えられる当面の戦略としては、「あくまでも強い銘柄についていく」ということです。

 個別銘柄を見ると、強い銘柄、弱い銘柄とまちまちの動きとなっています。9月14日には年初来高値更新銘柄が51ある一方、年初来安値更新銘柄も26ありました。9月12日には年初来安値更新銘柄は287にも達していたのです。

 いくら日経平均株価が上昇しても、弱い銘柄もまだまだ数多くあります。そうした銘柄に対して「ここから株価が上昇する」と予想して買っていくのはお勧めしません。

 現時点ですでに上昇トレンドになっている銘柄を買うべきですし、上昇トレンドが続く限りは保有を続けて利益を伸ばしていくべきです。

 逆に、現時点で下降トレンドにある銘柄は、上昇トレンドになってから買うようにすればよいでしょう。

 筆者が一番言いたいことは、「日経平均株価が高値を更新しても、個別銘柄も同じような動きをするとは限らない」という点です。

 日経平均株価が上昇トレンドであれば個別銘柄も上昇しやすいのは確かですが、それは全体的な傾向としての意味合いです。あくまでも日経平均株価の動きではなく個別銘柄の動きを見て、上昇トレンドの銘柄のみを手掛けるようにしましょう。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください「日経平均2万3,000円突破!」の落とし穴と狙うべき銘柄

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

「日経平均2万3,000円突破!」の落とし穴と狙うべき銘柄

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
年末高
 
投資ワクワク
 
お宝優待株
 
人気記事ランキング
デイリー週間月間
投資の失敗
 
はじめての下落相場
 
はじめよう株主優待生活
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。