facebook twitter
『自民党総裁選』は地方票が焦点
三井住友アセットマネジメント
今日のマーケット・キーワード
中国・アジアをはじめとする、世界各国のマーケット情報を掲載しています(投資信託・投資顧問の三井住友アセットマネジメント提供)。

『自民党総裁選』は地方票が焦点

2018/9/14
・国会議員票では首相が優位
・首相は経済政策の成果を強調
・『自民党総裁選』を通じて活発な議論が望まれる
facebook twitter メールで送る 印刷

<今日のキーワード>

 第2次安倍内閣以降の政権運営に対する評価を問う『自民党総裁選』が9月7日に告示され、連続3選をめざす安倍晋三首相(党総裁)と石破茂元幹事長が立候補しました。『自民党総裁選』は9月20日の投開票日に向けて国会議員405票、党員・党友による地方票405票の計810票で争われます。選挙結果は総裁選後の党運営など政局に大きな影響を与えるため、その結果が注目されます。

 

【ポイント1】国会議員票では首相が優位

両候補の地方票獲得数が焦点

 首相陣営は優勢な議員票に加えて地方票でも7割以上の得票を目指すのが基本戦略です。議員票では、首相陣営は細田派、麻生派、岸田派など主要派閥の支持を得て、9月3日の選挙対策本部の発足式に代理出席の秘書らを合わせた議員票の8割超に当たる計346人が参加するなど優位にあります。

 このため、前回石破氏が上回った地方票を、首相がどれだけ取れるかに焦点が移っています。得票率で首相陣営が目標の7割を確保できれば議員票と合わせ圧勝と評価され、今後の党運営に弾みが付きます。

 

【ポイント2】首相は経済政策の成果を強調

石破氏は経済再生の核に地方創生を位置づけ

 両者は9月10日、『自民党総裁選』の所見発表演説会と共同記者会見にそろって臨み、首相は現政権の5年半あまりの経済運営に関して、成長率や雇用、税収などのデータを列挙して成果を強調しました。一方 石破氏は経済再生の核に地方創生を位置づけると述べ、急速な人口減こそが「最大の国難」との認識を示しました。

 その他の主張をみると、首相はアベノミクスの継続、憲法「9条の2」を新設して自衛隊を明記する改正案の早期発議、社会保障において雇用や年金、医療を3年間で抜本改革するとしています。

 石破氏は憲法改正では、緊急事態条項の新設などを優先、9条については十分な議論が必要としています。また経済政策では、アベノミクスを修正して地方や中小企業を重視すると主張しています。

 

【今後の展開】『自民党総裁選』を通じて活発な議論が望まれる

 アベノミクスの大胆な金融緩和や機動的な財政出動は、名目GDPの成長、株式市場の大幅な上昇などをもたらした一方、その持続性や副作用について指摘する声も聞かれます。経済以外でも、日米の貿易協議、日朝交渉など懸案事項も控えています。この『自民党総裁選』を通じて具体的な選択肢が国民に示され、活発な議論が行われることによって生産性や潜在成長率などの改善に繋がっていくことが望まれます。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

NISAつみたてNISAロールオーバー
人気ブロガー
トウシル1周年特集
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください『自民党総裁選』は地方票が焦点

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

『自民党総裁選』は地方票が焦点

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
投資の日
 
投資の失敗
 
人気ブロガー
 
お宝優待株
 
人気記事ランキング
デイリー週間月間
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
はじめよう株主優待生活
 
老後破綻
 
トウシル1周年特集
動画でわかる
 
ふるさと納税
 

 
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。