しんた:高校2年生。中学からお年玉のお金で運用をしているインテリ高校生。クイズ研究部の部長

 

ひな:しんたの同級生。クイズ研究部の部員

 

 

投資のコツ

ひな:しんた君、投資信託(ファンド)の投資のコツ続き教えてー!

しんた:今回は、さっそく伝えるよ。まずは前回「ほったらかしは危険!?投資の利益を受け取るためにどうするの?」の復習。

その1:投資を開始するときに、「売り(利益確定の売りと損失確定の売り)」の基準を「決め」ておく

ひな:そうそう。「決め」た金額に達成をしたら、売って「利益を手に入れる」だったよね。

しんた:今回は、その続き!

その2.買うタイミングを気にしない! 緩やかに上がる資産を選ぶ

その3.リーマンショックのような暴落のあとは、思い切って投資する

その他.鋭意検討中!

ひな:鋭意検討中?

しんた:そう。まだまだありそうだから。

 

コツ2「緩やかに上がる資産」

ひな:その2「買うタイミングを気にしない! 緩やかに上がる資産を選ぶ」というのは?

しんたなにをいつ、どうやって買えばいいの?で話したように、緩やかに上がる資産を選んで、つみたて方式で購入すれば、損する可能性は低くなる。タイミングはほとんど関係ない。

ひな:価格が下落しても「ラッキー」と思うんだよね。 

しんた:つみたて投資では、基準価額が下がれば、購入数量(口数)が多く買えるからね。
だけど、ひなちゃんが例えば明日からつみたて投資を開始する。その直後に相場が下落して、しばらく回復しない場合にどうなるか…。

ひな:ど、どうしよう!?

しんた:相場が回復するまでは、赤字運営になっちゃう。つみたてても、つみたてても、毎月赤字。いずれ相場が回復したときには、黒字になるから大丈夫なんだけど、あまり気持ちのいいものでもない。

ひな:なるほど、それで「緩やかに上がる資産」ってわけね。途中の評価損が大きくなる可能性が低いから。

しんた:そう。「緩やかに上がる資産」。

ひな:・・・「緩やかに上がる資産」?

しんた:だよね(笑)。例えば、投資信託の場合、原則、運用方針が変わらないから、過去の実績を見て、基準価格が安定的なものをみるんだって。一般的に、先進国の債券の値動きは安定的っていわれる。特に国債や社債。あとは、過去の値動きが安定しているインデックスファンドを探す。

ひな:インデックスファンドは教えてもらったよね。(〔8〕インデックス運用、アクティブ運用ってなに?

しんた:おお! ひなちゃん。成長しているね。インデックファンドはいろいろあるから、なるべく手数料が低いものを選ぶといいかも。

ひな:ほー! しんたくん、今日はいつにもまして賢い。

しんた:でしょ~。

 

コツ3「リーマンショックのような暴落のあとは、思い切って投資する」

ひな「リーマンショックのような暴落のあとは、思い切って投資する」ってどうゆうこと?

しんた:これはね、昨日の父ちゃんに教えてもらったことなんだ。

しんた父:しんた、投資をやろうとしているみたいだな。

しんた:勉強し始めたところだよ。でも、高値で買いたくないし、値下がりのタイミングは分からないし…。まだちょっと怖い。

しんた父:俺もなあ。失敗したことがあるなあ。

しんた:なになに!?

しんた父:ソニーかなんかの株を持っていて、いい決算が発表されて、翌日大きく値上がりすることを期待したんだ。

しんた:大きく上がりそうだね。

しんた父:ところが、翌日ソニーの株価は下がってしまった。それで、思わず売ってしまったんだ。

しんた:なんで?

しんた父:何かあるのかと思って。自分が知らない材料(情報)があったのかもって。

しんた:知らない材料?

しんた父:例えば、重大な欠陥が発覚したとか、海外事業の一部から撤退して費用がかさむとか。うわさでも株価は下がるときもあるからね。その時は、株をたくさん持ってた投資家が、自分が「決め」た水準に達したから、全部売っていたんだ。大量に買う人たちが出てきて、値上げが起きた。

しんた:それで売られて値下がりした。

しんた父:その通り。相場は、みんなが買えば上がって、みんなが売れば下がる素直で厄介なものだから。どうしても「たくさん持ってる投資家」に左右されるんだ。

しんた:そんなの、個人投資家が儲からないじゃん!