60年前の今日…

1958(昭和33)年8月25日

日清「チキンラーメン」が世界初の即席麺として発売

麺の中心にあるくぼみに、卵の黄身がすっぽり収まるように設計されている

 今から60年前の1958年8月25日、日清食品(現・日清食品ホールディングス)が「チキンラーメン」を発売しました。世界初の即席麺です。

 開発者は日清食品を創業した安藤百福氏。戦後の混乱期、大阪市内の闇市でラーメン屋台の人気ぶりを見たのをきっかけに、自宅裏庭の小屋にこもって手軽なラーメンの開発に没頭します。

 でき上がった製品は、国鉄の初乗り運賃が10円の時代、85グラム入り35円と少々高めの価格でした。中身は現在のものとほぼ同じ。味付けした後、油で揚げて水分を飛ばした麺を容器に入れ、お湯を注いでふたをすれば、数分後においしく食べられます。この発想は1971年のカップヌードル誕生にもつながり、ともに長寿商品として日本人に親しまれることとなります。

 日清食品ホールディングスは毎年8月25日を「ラーメン記念日」とし、この前後で大阪府池田市の安藤百福発明記念館(カップヌードルミュージアム大阪池田)などでイベントを開催しています。

 

1958年8月25日の日経平均株価終値は

593円76銭

算出開始後「8月25日」の日経平均株価は前日比で

値上がり:28回

値下がり:28回