facebook twitter
楽しそう!シンガポールの『IR』
三井住友アセットマネジメント
今日のマーケット・キーワード
中国・アジアをはじめとする、世界各国のマーケット情報を掲載しています(投資信託・投資顧問の三井住友アセットマネジメント提供)。

楽しそう!シンガポールの『IR』

2018/8/3
・2005年にカジノ解禁、2010年に2カ所の『IR』が開業
・巨大な民間投資と観光客の大幅増加などの経済効果
・日本では、日本の観光の魅力をアピールする『IR』が期待される
facebook twitter メールで送る 印刷

<今日のキーワード>

『IR』とは、英語のIntegrated Resortの頭文字を取ったもので、日本語では 「統合型リゾート」と言われます。カジノや国際会議場・展示施設、ホテル、娯楽施設、ショッピングモールなどが一体となった複合型観光・商業施設のことです。日本では、先月『IR』実施法が成立し、2020年代前半の開業が見込まれています。今回は、シンガポールを例に『IR』を具体的に見ていきます。

 

【ポイント1】2005年にカジノ解禁、2010年に2カ所の『IR』が開業

いずれも非常に規模が大きく、沢山の観光客を収容できる複合型観光・商業施設

 シンガポールでは2005年にカジノが合法化され、2010年に「リゾート・ワールド・セントーサ」と「マリーナ・ベイ・サンズ」の2カ所の『IR』が開業しました。

「リゾート・ワールド・セントーサ」は先日米朝会談が行われたリゾート地のセントーサ島にあり、展示会や会議が行えるコンベンション・センター、水族館、ユニバーサル・スタジオ・シンガポール、複数のホテルなどが併設されています。一方、「マリーナ・ベイ・サンズ」はビジネスの中心に近いマリーナ・ベイに面し、まるで空に浮かんでいるような船型のプールが屋上にあるホテルや、展示場・会議場、美術館・博物館、劇場、ショッピングモールなどが併設されています。いずれも非常に規模が大きく、沢山の観光客を収容することができます。

 

【ポイント2】巨大な民間投資と観光客の大幅増加などの経済効果

開発費用は2カ所で約1兆円、観光客は約8割増

 各施設の開発費用は、「リゾート・ワールド・セントーサ」は約60億米ドル、「マリーナ・ベイ・サンズ」は約56億米ドルでした。これは2010年当時の1米ドル=87円で換算すると、約1兆円にものぼるもので、巨大な民間投資となりました。

 シンガポールでは、経済情勢などの影響もありますが、国全体の観光客数は『IR』開業前の2009年の約968万人から2017年には約1,742万人と、約8割も増加しました。これにより観光収入が増大したほか、多くの雇用も創出されました。

 

【今後の展開】日本では、日本の観光の魅力をアピールする『IR』が期待される

 これから日本で始まる『IR』開発では、日本の伝統や文化、芸術を活かした公演などによる観光の魅力を増進する施設が含まれると見られます。カジノだけではなく、多くの魅力的な施設により観光客の来訪・滞在を促すことが期待されており、シンガポールの幅広い観光客層にアピールする『IR』は一つの参考となりそうです。

※個別の施設に言及していますが、これらを推奨するものではありません。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

1周年特集
投資の失敗
桐谷広人
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください楽しそう!シンガポールの『IR』

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

楽しそう!シンガポールの『IR』

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
1周年特集
 
ハゲタカ
 
世界のリスクを総点検
投資の失敗
 
はじめての下落相場と損
 
株主優待・桐谷広人
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
 
老後破綻
 
動画でわかる
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。