facebook twitter
投資のセオリー。資産形成をする上で大事なツボは、長期・積立・分散
アセットマネジメントOne
投資ってなに?はじめから学ぶ資産運用
投資初心者の「資産運用のはじめの一歩」にやさしく寄り添う連載です。読んでいくだけで「よく分からない投資」が、「必要な投資」になります。

投資のセオリー。資産形成をする上で大事なツボは、長期・積立・分散

2018/7/25
・資産形成の3つのツボ
・資産形成のツボ1:長期投資
・資産形成のツボ2:積立投資(時間分散)
・資産形成のツボ3:分散投資(資産分散)
facebook twitter メールで送る 印刷

資産形成の3つのツボ

 資産形成の入り口に立ったばかりの初心者は、何を気にしたらいいでしょうか。

 それはまず「長期」「積立」「分散」の3つのポイントを踏まえた上で、投資することが大切です。

資産形成のツボ1:長期投資

 金融商品の価格は日々変動しています。

 極端な例ですが、今日購入した株式が明日、大幅に値上がりしたり、値下がりしたりすることもあります。こうした価格変動は長期間で投資することで安定する傾向があります。

 以下は、それぞれ各月末時点の1年間、5年間、10年間、海外株式に投資した場合の投資収益率(リターン)を示したグラフです。

海外株式(MSCIコクサイ・インデックス[配当込み、円ベース])へ投資した場合のリターン

 
 
期間:1979年12月末~2017年2月末(月次)
注:上記は、各月末時点の1年前、5年前、10年前から投資した場合のそれぞれの投資収益率(年率)です。 上記は過去の情報であり、将来の運用成果等を示唆・保証するものではない
出所:ブルームバーグのデータをもとにアセットマネジメントOne作成

 

資産形成のツボ2:積立投資(時間分散)

 常に安く買って高く売ることは難しいものです。投資信託を複数回に分けて購入する方法を、「時間分散」といいます。

 基準価額が高いときには購入口数を抑え、基準価額が低いときは、多くの口数を購入します。これによって、購入単価をならすことができます。

投資信託の積立投資のイメージ(毎月1万円購入する場合)

注:上記データは、費用・税金などは考慮していません。積立残高が増えるほど、平均購入単価平準化の効果は薄れます。 相場が上昇し続けた場合など、一括購入したときの単価よりも等金額で積立投資した平均購入単価の方が高くなるケースもあります

 

資産形成のツボ3:分散投資(資産分散)

 資産の値動きは投資対象によってさまざまです。例えば株価が値下がり、債券価格が上昇する局面では、株式と債券の両方を保有すれば、株価の値下がりによる損失を債券価格の上昇でいくらか埋めることができます。つまり、投資する資産を複数に分けることが、リスクの分散につながります。

卵を一つのカゴに盛ってはいけない

 複数の資産を組み合わせることで、資産全体の値動きを抑えることが期待できます。もちろん、どのような資産でもよいわけではありません。値動きの異なる資産で組み合わせると、分散効果は高くなります。 

 次は、国内株式などの主な資産にそれぞれ投資した場合と、各資産に均等投資した場合の値動きの推移です。 

主な資産の価格推移

期間:2006年12月末~2016年12月末(月次)
注:2006年12月末を10,000として指数化。5資産は国内株式、国内債券、海外株式、海外債券、世界リートに均等投資したと仮定したものです。
国内株式:東証株価指数(配当込み)、国内債券:NOMURA-BPI国債、海外株式:MSCIコクサイ・インデックス(配当込み、円ベース)、海外債券:シティ世界国債インデックス(除く日本、円ベース)、世界リート:S&P先進国REIT指数(配当込み、円ベース)
出所:ブルームバーグのデータをもとにアセットマネジメントOne作成 ※上記は過去の情報であり、将来の運用成果等を示唆・保証するものではありません。

 

じっくり、コツコツと、(投資対象を)分けて」投資を行うことで、あなたのお金を育てていきましょう。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

1周年特集
投資の失敗
桐谷広人
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください投資のセオリー。資産形成をする上で大事なツボは、長期・積立・分散

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

投資のセオリー。資産形成をする上で大事なツボは、長期・積立・分散

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
1周年特集
 
ハゲタカ
 
世界のリスクを総点検
投資の失敗
 
はじめての下落相場と損
 
株主優待・桐谷広人
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
 
老後破綻
 
動画でわかる
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。