facebook twitter
仮想通貨投資の中心世代は?
フィスコ
知っておきたい仮想通貨
ちゃんと、もっと、さらに、いまさら? 知っておきたい仮想通貨(ビットコイン)

仮想通貨投資の中心世代は?

2018/5/29
・仮想通貨関連での消費者相談の推移
・仮想通貨市場の拡大
・仮想通貨のけん引役は若者
facebook twitter メールで送る 印刷

仮想通貨関連での消費者相談の推移

 消費者庁は4月、「仮想通貨に関連すると思われる消費生活相談の状況について」という、2014~2017年度にかけての消費者相談のデータをまとめたものを発表しました。この発表から、2017年の1年間に仮想通貨に触れる機会を持つ人々が急増したことが判明しました。加えて、インターネット環境があれば誰でも取引に参加できて場所の縛りがないため、全国各地からの取引への参入が増えていることもわかりました。

 まずは仮想通貨関連の相談件数の推移をみてみましょう。2014年度の相談件数は186件でしたが、2015年に440件、2016年が847件、2017年度には2,769件と、2017年に相談件数が急増しています。

 相談者の年齢層にも変化が見られています。2014年には全体の53.5%が70代以上で、70代以上の比率はそれ以降も2015年に38.2%、2016年に30.5%と全体に占める割合が高かったのですが、2017年には17.0%に減少しました。2017年にはその代わり、30~50代による相談数の伸びが著しい状態です。

 相談者の居住場所は、2014~2016年までは東京、神奈川、埼玉などの首都圏に加えて大阪などの大都市圏からの相談が多数を占めていましたが、2016年度と2017年度には愛知県、福岡県、北海道やその他の地域の割合も増え、広く日本全国へとシフトが始まっています。

 

仮想通貨市場の拡大

 仮想通貨の自主規制団体として発足した一般社団法人日本仮想通貨交換業協会は、同じく4月に、2014~2018年3月までの日本国内での仮想通貨取引についてまとめた報告書を公表しています(金融庁登録業者14社、みなし業者3社の集計データ)。

 取引の数字を見てみると、市場規模は年々増加し、2017年に急成長を見せていることがわかります。

 例えば、2014年は現物取引高が24億円、証拠金・信用・先物取引高が2億円だった市場規模は、2015年には現物取引高が607億円、証拠金・信用・先物取引高が270億円に、2016年には現物取引高が1兆5,369億円、証拠金・信用・先物取引高が1兆9,790億円に、2017年には現物取引高が12兆7,140億円、証拠金・信用・先物取引高が56兆4,325億にまで上昇・拡大しました。

 特に2017年はビットコイン価格の高騰により「投資」の面で仮想通貨が大きな注目を集め、市場規模も大きく成長したことがわかります。

 国内の仮想通貨取引所の顧客分布を見てみましょう。2018年3月時点の現物取引の中心層は20~40代までで、全体の約90%を占めています。内訳は20代が28.78%、30代が34.24%、40代が22.47%、50代が9.99%となっており、70代以上はわずか0.75%です。これが2018年3月時点の証拠金・信用・先物取引になると、30代が中心層となります。内訳は20代が17.68%、30代が34.14%、40代が28.42%、50代が13.98%です。

 特に現物取引は20~40代が中心層であり、若い世代の仮想通貨への関心の高さがうかがえます。そのためか、預かり資金は全体利用者の約95%が100万円未満で、そのうちの約77%が10万円未満となっています。取引所のハッキングリスク回避という側面もあると思いますが、若年層の参加が多いということで、口座開設は小口が中心となっています。

 

仮想通貨のけん引役は若者

 2014~2016年まではネガティブ面が先行し、一部の前衛的な投資家などの興味の対象でしかなかった仮想通貨ですが、2017年の急激な価格の上昇により一般の投資家も注目し始め、テレビやネットニュースで取り上げられる機会も増えたことで、一般の消費者にもその存在が認知されるようになりました。

 しかし、冒頭で触れたように、裾野が広がったことで消費者相談件数は増加傾向にあります。
 仮想通貨が決済手段や資産としての市民権を得た今、より安全な取引のための正しい知識の収集やリスクに対する備えが必要です。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

2018年9月株主優待祭
NISAつみたてNISAロールオーバー
トウシル1周年特集
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください仮想通貨投資の中心世代は?

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

仮想通貨投資の中心世代は?

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
2018年9月株主優待
 
お宝優待株
 
投資の日
 
10万円株
人気記事ランキング
デイリー週間月間
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
投資の失敗
 
人気ブロガー
 
トウシル1周年特集
老後破綻
 
動画でわかる
 
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
 
ふるさと納税
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。