facebook twitter
『株式価値向上』の取り組みが進む日本企業
三井住友アセットマネジメント
今日のマーケット・キーワード
中国・アジアをはじめとする、世界各国のマーケット情報を掲載しています(投資信託・投資顧問の三井住友アセットマネジメント提供)。

『株式価値向上』の取り組みが進む日本企業

2018/5/17
・『株式価値向上』は企業と株主の共通の課題
・電機業界などで選択と集中が進む
・『株式価値向上』の取り組みが企業の収益力を一段と強化
facebook twitter メールで送る 印刷

<今日のキーワード>

 日本企業の3月期決算発表がほぼ終了し、2017年度決算の純利益は25%程度の増益となりました。企業と株主は、『株式価値向上』を共通の課題と認識して取り組んできました。この大幅増益は事業構造の再構築(選択と集中)などの経営努力を積み重ねることによって収益力の底上げが達成されたことも要因とみられます。今後もこうした動きが進めば、さらなる企業の収益力強化につながると期待されます。

≫≫トウシルの最新記事はこちら

 

【ポイント1】『株式価値向上』は企業と株主の共通の課題

株式市場でも事業の再構築に注目

 ここ数年、日本企業はコーポレートガバナンス(企業統治)や経営戦略、財務戦略を通じて、一方、投資家は企業との対話や議決権行使などにより、『株式価値向上』に取り組んできました。これらを受け、海外の企業に比べて慎重と言われていた非中核事業の切り離しなど事業の再構築が増えており、また、株式市場でも、それらの取り組みによって利益率が改善した企業を評価する動きがみられます。

 

【ポイント2】電機業界などで選択と集中が進む

非中核事業は黒字でも売却

 日立製作所は、上場子会社が多く、業務範囲も多岐にわたるため、事業再構築の行方が注目されていました。同社は2016年以降、中核事業と位置づけたソフトウエア会社などを完全子会社化する一方、非中核事業と判断した物流、金融、工具、半導体製造装置等は、業績が好調であっても本体から切り離し、自己資本利益率の改善につなげています。

 TDKは、自己資本利益率を高めるため高周波部品事業の一部売却を行う一方、センサー会社の買収や設備投資の拡大によって自動車用センサーやスマートフォン用2次電池の強化を行うなど、事業再構築を進めています。

 

【今後の展開】『株式価値向上』の取り組みが企業の収益力を一段と強化

 従前の事業再構築は、主に不採算事業の売却というケースが多かったのに対して、最近では、非中核事業と判断した場合は十分な利益が出ていても売却する事例が増えており、いわば攻めの事業再構築が広がっています。また、武田薬品工業が過去最大の海外企業の買収を行うなど将来を見通した投資もみられます。

 事業の選択と集中をはじめとする『株式価値向上』の取り組みは一段と強まるとみられます。こうした動きが企業の収益力を強化し、日本経済の活性化につながると期待されます。

※個別銘柄に言及していますが、当該銘柄を推奨するものではありません。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

投資の失敗
老後破綻
はじめよう株主優待
桐谷広人

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください『株式価値向上』の取り組みが進む日本企業

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

『株式価値向上』の取り組みが進む日本企業

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
はじめての下落相場と損
 
インベスターZ
 
投資の失敗
老後破綻
 
ふるさと納税
 
山崎元
イデコ
 
動画でわかる
 
インタビュー
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。