facebook twitter
矢島金太郎で考える資産形成!30代のポートフォリオ見本帳
篠田 尚子
マネーシフト初心者篇
「資産形成はまだ早い」「運用ってよくわからない」というマネーの初心者向けに、地に足の着いた「資産形成」法や「お金のお困りごと」解消法を紹介します。

矢島金太郎で考える資産形成!30代のポートフォリオ見本帳

2018/4/26

老後に必要なお金をつくるため、「資産形成」しなければならないことは認識しているものの、資金をどう配分して、運用すればいいかわからない……。

 そんな人のために、人気漫画の同世代登場人物に合わせた「年代別ポートフォリオ」と、資産形成のための心構えを紹介します。まずは節税メリットを受けつつ、着実に貯める方法を身につけましょう。

他の年代のポートフォリオページを見る≫≫

 

30代篇・矢島金太郎(『サラリーマン金太郎』)が目指すべき資産形成

節税メリットを最大限活用。ゴールは年間60万円を投資

◆30代の心構え「節税につながる制度を最大限活用する」

 矢島金太郎さんのような30代の会社員は、iDeCoで掛金上限額いっぱいまで積み立てをして、さらに余裕が出てきたら、少額投資非課税制度(NISA:ニーサ)の併用をおすすめします。

 NISAは、一般NISAとつみたてNISAのどちらかの制度を利用することになりますが、近い将来、株式投資にも挑戦してみたいなら一般NISAを選んだほうがいいでしょう。一方、iDeCoと同じように投資信託積み立てで、長期で&コツコツ続けるなら、つみたてNISAを選ぶといいでしょう。

 また、一般NISAの年間120万円の投資上限枠を使い切れないという方は、つみたてNISAがおすすめです。

「iDeCoって何?」と思った方は、こちら≫≫

「一般NISA、つみたてNISAって何?」と思った方は、こちら≫≫

●「投資信託(ファンド)って何?」と思った方は、こちら≫≫

 

◆セーフティネットをどう考えるべき?

 民間保険の加入は慎重に。というのも、健康保険に加入している会社員には、傷病手当金などの社会保障があるからです。独身で家族の生活の心配がないうちは、死亡保障の手厚い生命保険も、民間医療保険も、基本的には必要ありません。

 一方、自営業者やフリーランスの方には、こうしたセーフティーネットがありませんから、医療保険のほか、ケガや病気で自分が働けなくなったときに生活費を保障してくれる、就業不能保険もあわせて検討したほうがいいでしょう。

 

◆30代のゴールは「使いながら増やし、年間60万円を投資」

 投資に回す金額は、iDeCoの掛金と合算で月5万円、年間60万円を目指しましょう。30代というのは、20代と比べ、収入こそ増えますが、結婚や出産などのライフイベントが多く、出費も重なる時期です。途中で息切れしない金額を設定し、毎月コツコツと給料天引きでiDeCoや投信積立を続けることが資産運用成功のポイントです。「使いながら増やす」感覚を身に付けましょう。

 

◆例えばこんなポートフォリオ

他の年代のポートフォリオページを見る≫≫

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

投資の失敗
老後破綻
はじめよう株主優待
桐谷広人

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください矢島金太郎で考える資産形成!30代のポートフォリオ見本帳

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

矢島金太郎で考える資産形成!30代のポートフォリオ見本帳

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
はじめての下落相場と損
 
インベスターZ
 
投資の失敗
老後破綻
 
ふるさと納税
 
山崎元
イデコ
 
動画でわかる
 
インタビュー
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。