facebook twitter
拡大が続く『産業用ロボット』
三井住友アセットマネジメント
今日のマーケット・キーワード
中国・アジアをはじめとする、世界各国のマーケット情報を掲載しています(投資信託・投資顧問の三井住友アセットマネジメント提供)。

拡大が続く『産業用ロボット』

2018/4/20
・2017年の『産業用ロボット』出荷は過去最高を更新
・人手不足による省力化投資が背景
・高成長が続く見通し
facebook twitter メールで送る 印刷

<今日のキーワード>

『産業用ロボット』は、人間に代わって労働を行う機器であり、日本企業が高い競争力を有します。例えば自動車の生産工場で使われるロボットの場合、スポット溶接を行うロボット、ボディ塗装を行うロボット、部品取り付けを行うロボットなどが導入されています。『産業用ロボット』は根強い省力化ニーズや用途の広がりなどから、拡大が続くと見られ、将来は頭脳労働を行うことが期待されています。

 

【ポイント1】2017年の『産業用ロボット』出荷は過去最高を更新

中国向け輸出が牽引

『産業用ロボット』の活況が続いています。日本ロボット工業会によると2017年の出荷額(会員ベース)は、前年比28.5%増の7,126億円となり2007年以来過去最高を更新しました。前年比プラスは4年連続となり、受注額も同34.1%増の7,594億円と過去最高となりました。

 内外需別では特に輸出が好調で、輸出額は同36.2%増の5,284億円となりました。中でも輸出全体の4割以上を占める中国向けが同57.9%増の2,276億円となるなど牽引しました。

 

【ポイント2】人手不足による省力化投資が背景

医療関連等での用途拡大に期待

 

 中国での『産業用ロボット』の好調は、人手不足の深刻化と賃金の高騰を背景に、省力化投資が拡大しているためです。また高品質を要求されるスマートフォン、電気自動車部品、サーバーなどの製造工程でも導入が進み、性能の高い日本製へのニーズが強まったことも追い風となりました。

 今後はセンサー技術などにより安全性が高まった協働型ロボット(人と一緒に働くことができるロボット)の、人手不足が深刻な医療・介護分野への活用などが期待されています。手術への活用のほか、リハビリや医療検査作業を助ける用途など様々な領域が想定されます。ロボット活用による手術やリハビリ分野などで保険適用範囲が広がっていることも追い風になっています。

 

【今後の展開】高成長が続く見通し

『産業用ロボット』の今後の見通しについては、市場規模は3~5年後には2兆円という見方もあるなど業界関係者の間では強気な見方が大勢を占めています。短期的には設備投資循環の影響はある程度は受けると見られますが、好調の背景となった根強い自動化投資と用途拡大は一過性の要因ではなく、中期的な成長を支えそうです。日本企業はシェア、技術力で優位にある強みを生かして、AIを活用したロボットなど用途拡大のリード役となることが期待されます。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

2018年9月株主優待祭
NISAつみたてNISAロールオーバー
トウシル1周年特集
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください拡大が続く『産業用ロボット』

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

拡大が続く『産業用ロボット』

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
2018年9月株主優待
 
お宝優待株
 
投資の日
 
10万円株
人気記事ランキング
デイリー週間月間
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
投資の失敗
 
人気ブロガー
 
トウシル1周年特集
老後破綻
 
動画でわかる
 
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
 
ふるさと納税
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。