お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
中国フォーカス・ストラテジー:香港株式市場
Bank of China int.
中国セクターレポート
中国の現地証券会社より提供されるアナリストレポートから、各業種ごとの動向をサマリーした「セクターレポート」を日本語でお届けします。 中国株式初心者の方でも分かりやすくまとめており…

中国フォーカス・ストラテジー:香港株式市場

2018/3/28
米連邦公開市場委員会(FOMC)は大方の予想通り、3月の定例会合でフェデラルファンド(FF)金利誘導目標を0.25%引き上げ、1.5~1.75%に決定した
facebook twitter 印刷する

年内あと2回の緩やかな米利上げを予想、香港相場は底入れか

 米連邦公開市場委員会(FOMC)は大方の予想通り、3月の定例会合でフェデラルファンド(FF)金利誘導目標を0.25%引き上げ、1.5~1.75%に決定した。FOMCの声明では、労働市場は引き続き力強さを増しており、経済活動は緩やかな拡大傾向にある。一方、家計支出や企業の設備投資は、特に力強かった2017年10~12月期からやや減速。物価上昇率は引き続き前年同月比2%を下回った。市場が織り込むインフレ率は上向いているとはいえ、依然低水準にあるとしている。FOMCはまた、GDP成長率や失業率、物価上昇率といった一部指標の予測値を改善方向に修正。うちGDP成長率については18年、19年の見通しを2.7%(修正前2.5%)、2.4%(同2.1%)に上方修正した。

 FOMCが示した18年末のFF金利予想の中央値は2.1%と、前回12月から変わらなかったが、国内経済に対する強気見通しを背景に、19年、20年の同予想値はそれぞれ2.9%(修正前2.7%)、3.4%(同3.1%)に引き上げられた。18年末のFF金利予想を見る限り、年内あと2回の利上げが実施される見通し。FOMCの声明とパウエルFRB議長のスピーチを受け、米短期金利先物市場が織り込む6月の利上げ確率は約80%まで上昇した。年内にさらに3回の利上げが行われる可能性もくすぶるが、BOCIは2回が妥当との見方。米国経済が前回2度の利上げサイクル当時ほど強くはなく、急ピッチの利上げに耐えられないとして、パウエル議長が現行の政策スタンスを維持するとみる。

 一方、BOCIは香港株式市場にとって、米利上げは必ずしも相場圧迫要因とは言えないと指摘している。利上げがあくまで緩やかなペースとなる見通しや、米国経済の力強さ、それに伴う世界市場への好影響をその理由に挙げた。過去の事例を見ても、米利上げの背景には自国経済に対する強気見通しがあり、米国経済の好調は中国経済や企業業績にも波及する。米国の過去2回の利上げサイクル当時を振り返ると、香港の主要株価指標ハンセン指数はそれぞれ32%(04年6月30日~06年6月30日)、12%(1999年6月30日~2000年5月16日)の幅で上昇。04~06年にはH株指数も58.9%値上がりした。ただ、過去2回のケースでは、米利上げは資産バブルの崩壊や景気減速を招く結果となり、利上げサイクルの収束が逆に、香港市場の下落を招いた経緯があった。

 香港株式市場は投資家のリスクオン姿勢を背景に18年1月に急速に値上がりしたが、2月に入ってからは米株急落を受けて強い売り圧力に直面した。ただ、BOCIは香港市場のバリュエーションが今もヒストリカル平均を下回ることや、空売り比率が過去10年の最高水準まで上昇していることを指摘し、香港市場がすでにほぼ底入れした、あるいはまもなく底入れするとの見方(ハンセン指数の直近安値は2月12日に付けた29,460ポイント)。中期的には中国経済の成長や企業業績の拡大、さらに本土からの旺盛な対香港株投資が続くと予想。こうした要因が香港相場の追い風になるとみている。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

つみたてNISA
人気記事ランキングTOP

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください中国フォーカス・ストラテジー:香港株式市場

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

中国フォーカス・ストラテジー:香港株式市場

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 
フレッシャーズ
 

 

 


 
タイムトリップ
 

 

 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。