facebook twitter
習主席が足場を固めた2018年の『全人代』
三井住友アセットマネジメント
今日のマーケット・キーワード
中国・アジアをはじめとする、世界各国のマーケット情報を掲載しています(投資信託・投資顧問の三井住友アセットマネジメント提供)。

習主席が足場を固めた2018年の『全人代』

2018/3/23
・国家主席の任期撤廃、習主席はこれまでにない長期政権へ
・成長目標やインフレ目標は前年同様
・改革開放から40年、強い指導力で産業の高度化を進めよう
facebook twitter メールで送る 印刷

<今日のキーワード>

『全人代』とは、“全国人民代表大会”の略称で、中国における国会に相当します。年に1度、地方の代表らがその年の政府の施政方針を示す政府活動報告や予算案などを審議、承認します。今年は3月5日~20日に開催されました。会期は例年10日間程度ですが、今年は16日間と異例の長期間となりました。憲法改正により、習近平国家主席の長期政権が可能となり、王岐山氏が国家副主席となるなど政治面が注目されました。

 

【ポイント1】国家主席の任期撤廃、習主席はこれまでにない長期政権へ

王岐山氏は国家副主席に、外交での手腕が期待される

 今年の『全人代』で最も注目されたのは、国家主席の任期(2期10年)を撤廃する憲法改正です。この憲法改正により、習主席は2期目が終わる2023年以降も続投が可能となりました。習主席はこれまでにない長期政権となることが予想されます。

 習主席を支える人事も注目されました。習主席の右腕と言われる王岐山氏は、昨秋、最高指導部から退いたにもかかわらず、『全人代』で国家副主席となりました。王氏は米国と独自のパイプを持つと言われ、米中貿易摩擦への対応などを担う模様です。

 また、経済運営面では、習主席と近い劉鶴氏が副首相に就任し、かじ取りを行います。経済政策は首相が担当してきましたが、習政権では李克強首相の影が薄くなっています。また、中国人民銀行総裁には劉副首相と親交が深いと言われる易綱人民銀行副総裁が就任します。

 このように、今回の『全人代』では、国家主席の任期と人事の二つの点で、強い政権を長期にわたって続けることができるよう、習主席が足場をしっかりと固めたと考えられます。

 

【ポイント2】成長目標やインフレ目標は前年同様

財政赤字は縮小も積極的な財政政策が続く

 

 今年の『全人代』では、2018年の経済成長率は+6.5%前後、インフレ率は+3%前後、都市部新規雇用者数は1,100万人等と概ね昨年同様の目標が示されました。一方、財政赤字は対GDP比で2.6%と、昨年目標の同3%と比べ縮小されました。ただし、これは景気の底堅さから歳入が上振れしやすく、財政赤字のGDP比が小さくなると見込んだためで、積極的な財政政策の方針は不変との説明がありました。

 

【今後の展開】改革開放から40年、強い指導力で産業の高度化を進めよう

 今年は1978年の改革開放から40年の節目となる年です。習主席はこれまで経済や社会の持続的で健全な発展促進を掲げ、ビックデータやAI等の研究開発強化を推進してきました。今『全人代』で更に足場を固めたため、引き続き、ITサービスなど高付加価値産業の育成を進めていくと見込まれます。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

投資の失敗
老後破綻
はじめよう株主優待
桐谷広人

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください習主席が足場を固めた2018年の『全人代』

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

習主席が足場を固めた2018年の『全人代』

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
はじめての下落相場と損
 
インベスターZ
 
投資の失敗
老後破綻
 
ふるさと納税
 
山崎元
イデコ
 
動画でわかる
 
インタビュー
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。