facebook twitter
要注意!みんなが見落とすNISA株の売り時
足立 武志
知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識
株式投資がうまくいかない、という個人投資家の皆様へ。実践をベースにした「すぐに役立つ真の基礎知識」は、お客様の株式投資戦略に新たなヒントを提供。負けない、失敗しないためにはどのよ…

要注意!みんなが見落とすNISA株の売り時

2018/3/8
・「NISA」でどのくらい税金がオトクになるのか?
・メリットだけではない!NISAのデメリットとは
・NISA口座で買ったがために売るべきタイミングで売れない?
・「長期的に保有できる銘柄へ投資しましょう」のアドバイスは正しいのか?
facebook twitter メールで送る 印刷

 投資してから5年間は売却益や配当金が非課税になる「NISA」。でも、税優遇を意識しすぎて投資戦略を変えてしまっていませんか?

 

最近は税優遇の制度が充実しつつある

 皆さんは、「NISA(ニーサ)」をご存知でしょうか。これは、年間120万円までの投資枠につき、その後5年間の売却益や配当金にかかる税金が非課税となる制度です。

 また今年からは、「つみたてNISA」が始まっていて、こちらは非課税枠こそ年間40万円ですが、最長20年間非課税となるので、最大で800万円まで税優遇の効果を享受することができます。
 さらに、昨年は個人型確定拠出年金の対象が拡大し、「iDeCo(イデコ)」という愛称とともに、一気に知名度や制度利用が進んでいます。

 このように、最近は、株式投資や資産運用について、税制面での優遇を受けることができる制度が充実してきています。

 本コラムをご覧いただいている方は、個別株への投資をされていることが多いと思います。「つみたてNISA」や「iDeCo」は個別株への投資はできませんので、今回のコラムでは「NISA」を前提にお話を進めていきます。

 

「NISA」でどのくらい税金がオトクになるのか?

たとえば、今年100万円で上場株式を買い、毎年2万円の配当金を受け取り、5年後に300万円で売却したとすると、NISAを使った場合と使わない場合とで税金に次のような差が生じます。
(配当金は株式数比例配分方式、かつ申告不要を選択することとします)

・NISAを使った場合の税金
 配当金:非課税
 売却益:非課税

・NISAを使わなかった場合の税金
 配当金:2万0,000円×20.315%×5回=2万315円
 売却益:300万円-100万円×20.315%=40万6,300円

 このように、NISAを使わなければ42万6,615円の税金を払わないといけないところ、NISAを使えばゼロになるのです。

 

メリットだけではない!NISAのデメリットとは

 これだけ見ると、「どう考えてもNISAを使うべき」と思われるはずです。でも、実はNISAにはデメリットもあるのです。それは「売却損が生じても損益通算ができず、切り捨てになってしまう」ということです。

100万円で買った株を50万円で売ったケースを考えてみましょう。
・NISA以外の口座で買った場合
他の銘柄で利益が出ていればそれと相殺ができますので、最大で100万円-50万円×20.315%=101,575円の税金減少効果があります。

・NISAで買った株を売って損失が生じた場合
NISA以外の銘柄の利益と相殺することができず、損失が切り捨てになってしまいます。

 

NISA口座で買ったがために売るべきタイミングで売れない?

 筆者は、NISAは「何年もの間、買った株をずっと持ち続ける」という前提、そして「何年もの間ずっと持ち続けていれば、買った値段より株価が上がる可能性が高いだろう」という前提のもと作られている制度だと思っています。
 でも実際には、何年持ち続けても株価が上昇するどころか大きく下落する銘柄も少なくありません。

 そして、「損失の状態で売っても他の株の利益と相殺できない」、「もし持ち続けて株価が上昇すれば、利益は非課税となる」という点を意識しすぎて適切なタイミングで売却・損切りしないことにより、損失がさらに膨らんでしまうというリスクをはらんでいるのです。

 たとえば、筆者が用いているルールである、「保有株の株価が25日移動平均線を割り込んだら売却する」という前提で考えてみましょう。
 普段はこのルール通りに売却できているとしても、NISA口座で買った株については、25日移動平均線を割り込んでも「そのまま持ち続けよう」という意識が働く恐れがあります。
 NISA口座で買った株を売却してしまえば税優遇のメリットがなくなってしまうからです。

 ここでよく考えていただきたいことがあります。
同じA社株式を、NISA口座以外で買ったならば25日移動平均線を割り込んだら売却できるが、NISA口座で買ったら税優遇のメリットを失うことを恐れて25日移動平均線を割り込んでも売却しない・・・
 この行動は、非常に矛盾していると思いませんか?

 同じA社株式を売買しているのだから、NISA口座で買おうが、NISA口座以外で買おうが、売却のタイミングは同じにならなければおかしいはずです。
 それなのに、NISAの持つ税優遇により、投資戦略がゆがめられてしまっているのです。これこそが、NISA口座で買った株について大いに気を付けるべき点だと筆者は思っています。

 

「長期的に保有できる銘柄へ投資しましょう」のアドバイスは正しいのか?

 FP(ファイナンシャルプランナー)の方や専門家・評論家の方は、「NISAは長期的に保有することができるような銘柄へ投資しましょう」とよく口にします。NISAは長期保有が前提なので、長期保有することで恩恵を受けられる銘柄を選ぶことが求められているからです。

 これを聞くと、一瞬「なるほど」と思ってしまうかもしれませんが、そもそも長期的に保有することができるような銘柄を、私たち個人投資家が正確に見分けることができるのでしょうか?

 一般的には、将来の高い成長が見込まれる好業績銘柄や、高配当を受け取れる銘柄ということになるかと思います。
 でも、実際は高成長を見込んでいたつもりが業績が伸び悩んで株価が急落したり、配当金が減額されて株価も大きく下がったり・・・ということがよく起こります。
 こうした銘柄を何年も保有し続けた結果、利益どころか多額の含み損を抱えてしまう、というケースも大いに想定しなければならないのです。

 では、筆者はNISAを活用していないのかといえば、そんなことはありません。毎年NISAの非課税枠いっぱいを使って個別銘柄やETF(上場投資信託)などに投資しています。
 ただ、筆者は投資する銘柄の選び方や、投資した後の対応にひと工夫しています。その内容については、次回のコラムにてお話します。

▼もっと読む!著者おすすめのバックナンバー

実はキケン!「日経平均PER13倍は割安」

流行のテーマ株はキケン!? 株の買い時はいつ?

NISAとつみたてNISA、個別株投資をする投資家に適しているのは?

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

投資の失敗
老後破綻
はじめよう株主優待
桐谷広人

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください要注意!みんなが見落とすNISA株の売り時

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

要注意!みんなが見落とすNISA株の売り時

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
はじめての下落相場と損
 
インベスターZ
 
投資の失敗
老後破綻
 
ふるさと納税
 
山崎元
イデコ
 
動画でわかる
 
インタビュー
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。