facebook twitter
中国自動車セクター
Bank of China int.
中国セクターレポート
中国の現地証券会社より提供されるアナリストレポートから、各業種ごとの動向をサマリーした「セクターレポート」を日本語でお届けします。 中国株式初心者の方でも分かりやすくまとめており…

中国自動車セクター

2018/3/7
世界の新エネルギー車販売台数は2017年に初めて100万台の大台を突破し、前年比58%増の120万台に達した
facebook twitter メールで送る 印刷

世界新エネ車市場で中国勢が存在感、向こう数年で勢力図変化か

 世界の新エネルギー車販売台数は2017年に初めて100万台の大台を突破し、前年比58%増の120万台に達した。中でも新エネ車大国・中国では同110%増の57万8,000台を記録し、世界全体の実に45%強を占めた。現時点ではまだ、世界の自動車販売に占める新エネ車の割合は1%程度に過ぎないが(中国では2.3%)、BOCIは中国政府の普及促進策や大手メーカーの開発加速などから、25年にはこの割合が25%に上向くと予想。今後も新エネ車開発が自動車市場の焦点であり続けるとみている。こうした状況下で、BOCIは新エネ車に関するリポートの発行を決定。まずは第1回目として、車両タイプ別、メーカー別に世界市場の現状と見通しを報告した。

 世界的に見ると、技術的な共通点の多さから、自動車メーカーの多くが電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド(PHEV)を同時に手掛けるが、例外は米テスラと北京新能源汽車で、両社ともにEVに特化している。トヨタ自動車は長く、ハイブリッド分野を専門としてきたが、EVに照準を合わせる形で新エネルギー車戦略を見直した。BOCIはエネルギー密度やコスト面から見たバッテリー技術の先進性を理由に、今後もEVが新エネ車市場を席巻し続けるとみている(17年の新エネ車販売台数の約70%)。ただ、中国市場では短期的に、PHEVのシェア(17年に20%以下)が拡大すると予想。理由として、国内の関連政策とグローバルメーカーによるニューモデル投入見通しを挙げた。

 世界の新エネ車販売台数ランキングをメーカー別に見ると、上位3社はルノー・日産、BYD(01211)、北汽集団で、中国企業はトップ10に4社ランクイン。一方、ブランド別のトップスリーはBYD、北汽集団、米テスラで、トップ20までの38%を中国勢が占めた。中国メーカーにとっては、海外勢が市場開拓で出遅れている巨大な母国市場の存在が追い風。BOCIは中国が今後も世界最大の新エネ車市場であり続けるとみている。ただ、海外メーカーが中国向けの独自モデルの投入を加速する見通しに言及し、国内市場においても海外勢との競争が厳しさを増すと予想。向こう数年で、世界市場の勢力図が変わる可能性を指摘している。まずは完成車メーカーより前倒しに、電池をはじめとする部品分野で業界図が変わるとみている。

 BOCIは中国市場について、低価格の国産ブランド市場が厳しい状況に直面するとみている。航続距離の短い車種に対する補助金削減が理由であり、北京新能源汽車など小型車を主力とするメーカーに打撃となる可能性が高い。一方、BYD、吉利汽車(00175)、上海汽車集団(600104)などは、ハイエンドEV/PHEVをはじめとする高価格帯市場を志向しており、この先の競争局面においてより有利に戦える可能性が高い。また、バッテリー部門では、三元系正極材を用いたリチウム電池を楽観。高質電池に対する旺盛な需要を見込み、寧徳時代新能源科技(CATL)などを有望視している。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

NISAつみたてNISAロールオーバー
人気ブロガー
トウシル1周年特集
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください中国自動車セクター

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

中国自動車セクター

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
投資の日
 
投資の失敗
 
人気ブロガー
 
お宝優待株
 
人気記事ランキング
デイリー週間月間
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
老後破綻
 
トウシル1周年特集
動画でわかる
 
ふるさと納税
 

 
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。