facebook twitter
今年も多くの旅行需要を生む『春節』休暇
三井住友アセットマネジメント
今日のマーケット・キーワード
中国・アジアをはじめとする、世界各国のマーケット情報を掲載しています(投資信託・投資顧問の三井住友アセットマネジメント提供)。

今年も多くの旅行需要を生む『春節』休暇

2018/2/12
・『春節』の国内旅行者数は約3億8,500万人
・海外旅行者数は前年比+6%
・中国をはじめとする多くの訪日客によるインバウンド消費に期待
facebook twitter メールで送る 印刷

<今日のキーワード>

『春節』は、中国の三大節句(春節・端午節・中秋節)のひとつで、旧暦の元旦(旧正月)のことです。旧暦のため、『春節』の期日は年によって変わりますが、毎年概ね1月半ば~2月半ばの期間となります。2018年の『春節』は2月16日で、休暇期間は2月15日~21日の7日間です。中国では新暦の正月よりも『春節』を盛大に祝う慣習があり、多くの人が帰省や旅行をするなど、消費に与える影響も大きくなっています。

 

【ポイント1】『春節』の国内旅行者数は約3億8,500万人

9,000億元もの国内消費が見込まれる

 中国旅游研究院の発表によると、2018年の『春節』休暇期間中の国内旅行者数は前年比+12%の3億8,500万人に達すると見込まれています。高速鉄道など国内の交通網が発達したことなどを背景に、国内旅行の需要は増加しており、ショッピングセンターやテーマパークなどをはじめ多くの人出が予想されています。

 また、小売やケータリングサービスなどの国内消費は、前年比+10%の9,000億元(約15.6兆円)が見込まれています。中国国内では、より質の高い製品やサービスへの需要が高まっています。例えば、環境に優しく、健康的で、より性能の良い製品であったり、スポーツやレジャーなども人気となっています。

 

【ポイント2】海外旅行者数は前年比+6%

日本は人気旅行先の第2位

 

 一方、 『春節』休暇期間中の海外旅行者数は前年比+6%の650万人が見込まれています。

 人気の旅行先上位10カ国中、日本は2位となっています。都市別では大阪と東京の人気が高いほか、雪に関連する観光が人気のようです。同期間中の日本への中国人旅行者数は34万人程度、1人当たりの旅行消費額は9,500元(約16.4万円)にのぼると見られています。

 

【今後の展開】中国をはじめとする多くの訪日客によるインバウンド消費に期待

 日本政府観光局が1月16日に発表した2017年の訪日外国人旅行者数(推計値)は、前年比+19.3%の2,869万1千人と、過去最多となりました。中でも中国は、前年比+15.4%の735万6千人と韓国を上回る最大の訪日旅行国です。リピーターも増え、中国人の訪日旅行者数は増加を続けています。

『春節』休暇は、台湾や香港など、中華圏の大型連休です。今年の『春節』も、中華圏を始めとする多くの外国人が訪日することが見込まれ、日本のインバウンド消費を支えそうです。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

1周年特集
投資の失敗
桐谷広人
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください今年も多くの旅行需要を生む『春節』休暇

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

今年も多くの旅行需要を生む『春節』休暇

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
1周年特集
 
ハゲタカ
 
世界のリスクを総点検
投資の失敗
 
はじめての下落相場と損
 
株主優待・桐谷広人
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
 
老後破綻
 
動画でわかる
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。