お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
インドの『2018年度予算案』は総選挙を意識
三井住友アセットマネジメント
今日のマーケット・キーワード
中国・アジアをはじめとする、世界各国のマーケット情報を掲載しています(投資信託・投資顧問の三井住友アセットマネジメント提供)。

インドの『2018年度予算案』は総選挙を意識

2018/2/6
・2017年度の財政赤字は拡大
・農業・地方経済を重視
・株式市場、債券市場は予算案を嫌気、当面神経質な展開
facebook twitter メールで送る 印刷

<今日のキーワード>

 インド政府は2月1日、『2018年度(2018年4月~2019年3月)予算案』を発表しました。本予算案では、インフラ投資などを中心に歳出を24兆4千億ルピー(約42兆円)と、前年度比で+10%増やす計画です。2019年前半に予定される総選挙をにらみ、農業・地方経済を重視する内容となりました。また、財政健全化の方向性は堅持しましたが、財政赤字縮小の中期目標(▲3.0%)の達成時期を先送りしました。

 

【ポイント1】2017年度の財政赤字は拡大

2018年度以降は財政再建を重視

 インドの財政収支については、2017年4月~12月の財政赤字の実績値が予算比114%へ拡大していることを受け、2017年度の財政赤字の着地予想は対GDP比▲3.5%と、当初予算の▲3.2%から拡大する見込みとなりました。一方、2018年度の財政赤字のGDP比は▲3.3%に縮小すると見積もられています。続く2019年度は▲3.1%、2020年度に▲3.0%へ縮小する計画になっており、財政再建を重視した内容となっています。ただし、財政収支の中期目標の▲3.0%達成は1年先送りになりました。

 

【ポイント2】農業・地方経済を重視

株式キャピタルゲイン課税を強化

 

 ジャイトリー財務相は『2018年度予算案』の演説の中で、農業と地方経済を重視する姿勢を示しました。2019年前半に総選挙が行われるとみられる現況下、有権者からの支持を更に増やすために、補助金支出は10%を超える伸びとなりました。

 一方で、長期(1年超)保有の株式キャピタルゲイン課税を再び導入すると発表しました。10万ルピーを超える利益に対して10%の税率が適用される内容です。政府は、貧困層への支援を手厚くする分、富裕層には厳しい姿勢を見せています。

 

【今後の展開】株式市場、債券市場は予算案を嫌気、当面神経質な展開

『2018年度予算案』発表後、インド株式市場は政府が打ち出した、株式投資の長期キャピタルゲインへの課税で市場心理が悪化し、大幅に下落しました。また、債券市場も財政収支の2017年度の赤字拡大を受けて、インド準備銀行による金融引き締めを警戒し、大きく下落しました。

 株式市場はこれまで過去最高値を更新し続けてきただけに、キャピタルゲイン課税強化で調整が入りましたが、インド経済は高成長を続けると見られ、早晩落ち着きを取り戻すと思われます。債券市場も大幅に長期金利が上昇したことで、織り込みが進んだと考えられ、金利上昇に歯止めがかかると思われます。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

桐谷広人
投資の失敗
日本株
老後破綻

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいインドの『2018年度予算案』は総選挙を意識

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

インドの『2018年度予算案』は総選挙を意識

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
ボーナス投資  
桐谷広人
 
老後破綻

 
株主優待
 
投資の失敗
 
インタビュー
 
楽天証券夏ボーナス
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。