お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
中国自動車セクター
Bank of China int.
中国セクターレポート
中国の現地証券会社より提供されるアナリストレポートから、各業種ごとの動向をサマリーした「セクターレポート」を日本語でお届けします。 中国株式初心者の方でも分かりやすくまとめており…

中国自動車セクター

2018/2/7
自動車セクターは2017年に値上がり率上位を記録したが、18年に入ってからは市場の投資意欲の後退がかなり鮮明となっている。香港上場の一部銘柄の株価は17年に倍増の勢いを示したものの、年明け以降はセクター全体が相場をアンダーパフォームしている状況
facebook twitter 印刷する

1月29日:前年急伸の後に年初からアンダーパフォーム、乗用車販売は1月下旬に持ち直しか

 自動車セクターは2017年に値上がり率上位を記録したが、18年に入ってからは市場の投資意欲の後退がかなり鮮明となっている。香港上場の一部銘柄の株価は17年に倍増の勢いを示したものの、年明け以降はセクター全体が相場をアンダーパフォームしている状況だ。個別銘柄も明暗を分け、17年に値上がり率上位だった吉利汽車(00175)、ブリリアンス・チャイナ(01114)、広州汽車集団(02238)から、出遅れ気味の北京汽車(01958)、東風汽車集団(00489)にシフトする傾向が鮮明となっている。

 BOCIは最近のリサーチの結果、セクター全体や個別銘柄に関して以下のような情報を伝えている。まず業界全体のファンダメンタルズを見ると、乗用車販売台数(小売りレベル)は1月の第3週目までに前年同期比約10%減。これにより、市場では新車販売の減速懸念が広がった。ただ、BOCIは低迷の理由として、「旧正月の時期的なずれ」を指摘(旧正月休暇の初日が17年の1月27日から、18年には2月15日に移動する)。ちょうど旧正月シーズンに当たった前年1月下旬の実績の低さに言及し、1月月間ベースでは販売台数がプラス成長に転じる見通しを示した。また、1月3週目までの販売低調のもう一つの原因とみられるのは、中国国内の幅広い地域での降雪。ただ、これはあくまで一時要因であり、旧正月明けの3月には“寒い冬”による新車市況へのマイナス影響が消える見通しという。

 一方、ポジションの点では、17年末以降、ファンドが自動車銘柄向けの配分を見直す動きに出ているもよう。金融などの低バリュエーション銘柄に資金がシフトしているとみられ、BOCIによると、多くのファンドが現在、自動車セクターに対して「イコールウエート」の中立姿勢に転じているという。香港上場の自動車銘柄の現在株価は18年予想PERで平均10.7倍。業種別では、うち部品銘柄が同15.8倍と最も高く、完成車メーカーが9.6倍、自動車ディーラーが8.6倍となっている。

 BOCIは香港株式市場の強気のセンチメントが今後も続くと予想。その上で、主要メーカーが2月上旬に最新販売統計を発表し次第、株価が反転上昇するとみている。この点では特に、ブリリアンス・チャイナ、吉利汽車、広州汽車集団など、18年通年の販売堅調が見込まれ、かつ値ごろ感の出た銘柄が有望という。一方、17年の出遅れ銘柄3社、長城汽車(02333)、東風汽車集団、北京汽車の中では、バリュエーションの点から東風汽車集団、北京汽車を選好。残る長城汽車に関しては17年10-12月期決算の発表に伴う株価上昇が期待できるとしている。

 BOCIは、個別では吉利汽車、ブリリアンス・チャイナ、広州汽車集団の株価の先行きに対して強気。このほか、部品メーカーでは福耀ガラス(03606)およびネクスティア(01316)の株価の先行きに対し、強気見通しを明らかにしている。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

つみたてNISA
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください中国自動車セクター

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

中国自動車セクター

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
フレッシャーズ
 
タイムトリップ
 
動画でわかる
 

 

 

 

 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。