お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
株式「ボックス相場」での『積立投資』の効果とは・・・
三井住友アセットマネジメント
今日のマーケット・キーワード
中国・アジアをはじめとする、世界各国のマーケット情報を掲載しています(投資信託・投資顧問の三井住友アセットマネジメント提供)。

株式「ボックス相場」での『積立投資』の効果とは・・・

2018/2/1
・米国株式市場では約16年にわたる「ボックス相場」の時代があった
・16年間の「ボックス相場」での投資収益率を比較
・『積立投資』は「ボックス相場」での資産形成に寄与
facebook twitter メールで送る 印刷

<今日のキーワード>

2018年に入って史上最高値を更新し続けている米国株式市場ですが、かつて長期にわたって上値も下値も抜けない「ボックス相場」となった時代がありました。先高期待がなかなか持てないような「ボックス相場」で『積立投資』を行っていたら、資産はどのように成長したのでしょうか?

 

【ポイント1】米国株式市場では約16年にわたる「ボックス相場」の時代があった

1966年から1982年は長期の「ボックス相場」で「株式の死」と言われた

 米国株式市場は、堅調に推移していますが、過去、長期間にわたって「ボックス相場」で推移していた局面がありました。それは1966年2月から1982年8月までの16年間です。この間、NYダウはほぼ600ドルと1,000ドルの間で推移しました。米国は1960年代から1982年にかけて5回の景気後退局面(全米経済研究所)を迎えるなど経済環境は悪化しました。1979年には株式市場の低迷から「株式は死んだか?」とまで言われました(1979年8月ビジネスウィーク誌など)。その後、米国株式市場はレーガン大統領がとった自由主義経済政策(レーガノミクス)によって、1982年以降飛躍的な上昇相場に入ることとなります。

 

【ポイント2】16年間の「ボックス相場」での投資収益率を比較

『積立投資』と一括投資で比較すると・・・

 仮に、16年間の「ボックス相場」で『積立投資』を行っていたら、資産はどのように成長したのでしょうか?米国が「ボックス相場」に入る直前の1966年1月から株式市場が大きく上昇する前の1982年8月まで米国株式の投資信託に一括投資した場合(1)と、『積立投資』をした場合(2)の投資収益率を比較してみました。

 投資信託はNYダウに連動し、手数料や税金等は無いと仮定します。投資期間は1966年1月から1982年8月まで(200カ月)、投資金額はともに2万ドルとし、(1)は期初に一括投資、(2)は毎月100ドルずつ『積立投資』をするとします。

 

 

【今後の展開】『積立投資』は「ボックス相場」での資産形成に寄与

 1982年8月末の評価額は概算で、(1)一括投資は1万8,328ドル、(2)『積立投資』は2万906ドルとなりました。当時の米国株式市場は、株価が大きく上下し、また、上値を更新できないような投資環境でしたが、『積立投資』は資産形成に寄与しました。『積立投資』は、価格が下がった局面でも一定額投資し続けるため、その分口数を多く購入できるという特徴があります。『積立投資』は、価格が持続的に上昇しなくても、投資対象資産が下落しても損失がある程度抑えられ、資産形成に効果を発揮できると期待されます。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

投資の失敗
老後破綻
はじめよう株主優待
桐谷広人

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください株式「ボックス相場」での『積立投資』の効果とは・・・

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

株式「ボックス相場」での『積立投資』の効果とは・・・

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
投資の失敗
 
ボーナス投資  
桐谷広人
株主優待
 
老後破綻  
動画でわかる

 
NISA
 
楽天証券夏ボーナス
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。