facebook twitter
アメリカの次の利上げは?米国の雇用市場は大丈夫か?今週はFOMC、そして米雇用統計に注目! ~この指標を見逃すな!!
荒地 潤
デイリー為替情報
当情報では、ブレークアウトシグナル、パワーインジケーターなどトレードに役立つ指標を駆使して、各国の通貨の動向やトレンドの動向をお客様に配信しています。各通貨の動きに注目することで…

アメリカの次の利上げは?米国の雇用市場は大丈夫か?今週はFOMC、そして米雇用統計に注目! ~この指標を見逃すな!!

2018/1/30
1月の最終週であり、2月の第1週でもある今週のハイライトは、FOMC(米連邦公開市場委員会)(1月31日)と米1月雇用統計(2月1日)です。
facebook twitter メールで送る 印刷

 1月の最終週であり、2月の第1週でもある今週のハイライトは、FOMC(米連邦公開市場委員会)(1月31日)と米1月雇用統計(2月1日)です。

 FOMCは今回の会合で、政策金利であるFF金利誘導目標を1.00%~1.25%に据え置く方針。今年の利上げは3回というのがマーケットの予想ですが、これはすでに十分に織り込まれているため、ドルを大幅に上昇させることはないでしょう。しかし、コアCPI(消費者物価指数)や原油価格が急上昇によって年4回の利上げも不可避といった状況に変わるならば、日米金利差の拡大期待でドル高/円安に進むことが考えらえます。半面、急速な利上げは株価に悪影響を与える可能性があり、これはドルのマイナス材料となります。

 米1月雇用統計の予想は、NFP(非農業部門雇用者数)は18.0万人(前回14.8万人)。失業率は4.1%で横ばいの予想。悪天候の影響で、NFPの下振れリスクもありそうです。

(参考:1月31日 米1月雇用統計 直前レポート:労働賃金が上がると、失業率が上昇するのはなぜ?

 30日(火)には、ユーロ圏の10~12月期GDP(国内総生産)が発表されます。予想は、前期比0.6%(前回0.6%)、前年同期比2.7%(前回2.6%)と欧州の経済成長は順調。金融政策の正常化に進むECB(欧州中央銀行)にとっても追い風でとなって、ユーロの支持材料となるでしょう。ただし、ドラギ総裁は、先週の記者会見で「年内の利上げの可能性は限りなく低い」と、述べています。31日(水)には、欧州の1月HICP(消費者物価指数)と、12月失業率の発表があります。欧州の失業率は、企業の採用増加と設備投資の回復が寄与してさらに改善傾向にあります。

 オセアニアの指標では、31日(水)の豪州10~12月CPIが、前期比0.7%、前年同期比2.0%の予想。世界的な景気拡大と商品相場の強気見通しが豪州経済の追い風となっています。ただ、RBA(オーストラリア準備銀行)はCPIが大幅に上昇しない限りは金利据え置き方針で、今年の利上げはないと見られています。

 同じく31日に発表があるカナダの11月GDPは前月比0.0%の予想。カナダ経済は、財政刺激策の効果が薄れ、成長率が鈍化傾向にあります。経済の先行きは、原油価格の動向と米国との通商交渉の結果次第といえます。

 

▼もっと読みたい!おすすめレポート

 

2018年1月31日
米1月雇用統計 直前レポート:労働賃金が上がると、失業率が上昇するのはなぜ?

 

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

株主優待生活
投資の失敗
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいアメリカの次の利上げは?米国の雇用市場は大丈夫か?今週はFOMC、そして米雇用統計に注目! ~この指標を見逃すな!!

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

アメリカの次の利上げは?米国の雇用市場は大丈夫か?今週はFOMC、そして米雇用統計に注目! ~この指標を見逃すな!!

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
天野ひろゆきインタビュー
 
ふるさと納税
 
はじめよう株主優待生活
投資ワクワク
 
投資の失敗
 
年末高
人気ブロガー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。