お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
インデックスファンドのキホン。意義と効果を知ろう
香川 睦
資産形成入門!グローバル投資のトビラ
楽天証券経済研究所の香川 睦のレポートです。投機的な取引(短期売買)を繰り返して、資産を形成していくことは困難です。一般の投資家に求められるのは、長期の視野に立った資産形成です。…

インデックスファンドのキホン。意義と効果を知ろう

2017/12/27
・インデックスファンドとは?
・インデックスファンドのメリットは?
・アクティブファンドに立ちはだかる「効率的市場仮説」
・インデックスファンドの種類と特徴
facebook twitter 印刷する

インデックスファンドとは?

 投資信託(ファンド)には2種類あります。「インデックスファンド」と「アクティブファンド」です。インデックスファンドとは、投資成果が特定の市場平均指数()に連動するように運用されているファンドを総称します。債券市場指数、不動産投信指数、商品(金など)との連動を目指して運用されているインデックスファンドもあります。

※市場平均指数……1つの国や資産クラス(投資対象となる資産の種類)など、その市場全体の平均パフォーマンスを示す指数のことです。国内では日経平均株価、TOPIX(東証株価指数)、海外では米国のダウ平均指数やS&P500指数などの株価指数が有名です。

 

インデックスファンドのメリットは?

 資金流入も増加していて運用純資産が大きくなっているインデックスファンドは、積み立て投資(定時定額投資)に活用しやすいファンドと言えます。

 そのため、こういったさまざまな種類のインデックスファンドを組み合わせれば、投資家のニーズや相場観に応じた国際分散投資が簡単に実現できます。

図表1:インデックスファンドの特徴は?

投資初心者はもちろん、機関投資家も
銘柄選びの手間やコストを抑制できるメリットに注目

 

アクティブファンドに立ちはだかる「効率的市場仮説」

 インデックスファンドに対して、「アクティブファンド」とは、市場平均指数より優れた投資成果を生み出すように運用されているファンドです。

 ただし、銘柄調査や投資判断をアクティブに行うため、受益者(投資家)が運用会社(信託報酬)や販売会社(販売手数料)に支払うコストがインデックスファンドよりも高めなのが一般的です。アクティブファンドの「コスト」は、相対的に優れた投資成果を提供してくれる期待を前提に成り立っているからです。

 そうしたアクティブファンドの前に立ちはだかるのが「効率的市場仮説」と運用成績の実態です。

 効率的市場仮説とは、「株式市場は常に効率的で、好材料も悪材料もほぼすべて株価に織り込み済みである」という考え方です。

 企業の損益や財務面を調査するファンダメンタルズ分析も、過去のデータをもとにしたテクニカル分析も無意味であるとの現代投資理論にもとづく考え方です。

 この理論は、市場全体に連動を目指す低コストのインデックスファンドを活用する「インデックス投資」が最も効率的あるとの考えにつながっています。

 実際、投資の専門家とされるファンドマネジャーが運用しているアクティブファンドの多くが、「コスト控除後の長期パフォーマンス」でインデックスファンドに劣っていたとの統計が数多く公表されています。

 こうしたことから、ICI(米国投信協会)による調査結果(2007~2015年)によると、投資資金はアクティブファンドから流出傾向にあり、インデックスファンドやETF(上場投資信託)に資金が流入してきたことが判明しました(図表2)。
投資先進国である米国で、コストがかかる割に運用成績がパッとしないアクティブファンドに見切りをつけ、わかりやすくてコストが低いインデックスファンドに対する評価が高まっていることがわかります。

図表2:米国株投信ではアクティブファンドからインデックスファンドに資金シフト

出所:ICI(米国投信協会)のデータより楽天証券経済研究所作成

アクティブファンドから、インデックスファンドや
ETFに資金が移動している

 

インデックスファンドの種類と特徴

 インデックスファンドには、インデックス型公募投信とETF(上場投資信託)の2種類あります。

 ETFとは、証券取引所に上場されているファンド(投資信託)のことで、株式と同様に市場で売買できるのが特徴です。インデックスファンドの一種ですので、市場指数にほぼ連動パフォーマンスを提供しますが、市場で売買されていることで、短期的には取引価格とファンドの基準価額(NAV=Net Asset Value)に多少ずれが生じるのも特徴です。

 一方、インデックス型公募投信の価格決定(値洗い)は通常1日に1回で、その価格が基準価額として公表されます。

図表3:インデクス型公募投信とETFの違い

出所:各種情報にもとづき楽天証券経済研究所作成

 図表3で、公募投信とETFの相違点を一覧表にしました。市場(取引所)で売買されているETFの取引コスト(委託手数料)は証券会社により異なりますが、通常は株式の取引コストと同じです。

 一方、運用コスト(信託報酬)は ETFのほうが投資信託より比較的低いのが一般的です。
ただ、最近はインデックス型公募投信のなかで、運用コストをETF並みに抑える動きも見られます。なお、積み立て投資(定時定額投資)には、少額から購入できるインデックス型公募投信のほうが適しているとされます。

 ETFは、ファンドごとに最低取引口数が設定されており、ファンドによって最低取引金額が10万円を超えるものがあります。また、ETFそのものを自動積み立ての対象としない証券会社がほとんどです。

 なお、インデックス型公募投信にせよETFにせよ、同種類(分野)に投資するファンドを選別するにあたっては、次の3つの点を比較検討することが大切だと考えています。

 参考までに紹介すると、過去には運用純資産や売買取引が増えず、繰り上げ償還や上場廃止となった公募投信やETFがありました。インデックスファンドである以上、パフォーマンスはほぼ同様が想定されますので、ファンドの「永続性」「コスト」「流動性」を比較検討することが重要だと思います。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいインデックスファンドのキホン。意義と効果を知ろう

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

インデックスファンドのキホン。意義と効果を知ろう

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
 
 
 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。