お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
ビットコイン先物の次は、ETF上場。機関投資家が動き出す!
広瀬 隆雄
わかりやすいグローバル投資レポート
グローバル投資に精通する広瀬隆雄氏に、新興国株式だけでなく、米国株、欧州株をはじめとする先進国株式など、海外全般の経済や投資ストラテジーをご紹介いただきます。

ビットコイン先物の次は、ETF上場。機関投資家が動き出す!

2017/12/14
・ビットコイン先物が上場
・なぜCBOE上場は重要だった?
・機関投資家のジレンマ
・次の大きなイベント
・ビットコインETFがやってくる
・ウインクルボス・ビットコインETF
facebook twitter 印刷する

【今日のまとめ】

1.    ビットコイン先物がCBOEに上場された
2.    機関投資家が初めてビットコインに投資できるようになった
3.    しかしビットコインETFのほうが、材料としては重要
4.    ウインクルボス兄弟が最も有利なポジションにいる
5.    今後ビットコイン価格を動かす大材料はETF上場になる

 

ビットコイン先物が上場

 12月10日、CBOE(シカゴの先物取引所)にビットコイン先物が上場されました。これは仮想通貨の歴史にひとつの区切りをつける、大事なイベントでした。そこで今日は仮想通貨の現況について書きます。

 

なぜCBOE上場は重要だった?

 まずなぜ先日のCBOEにおけるビットコイン先物上場が重要だったかの理由を説明します。

 CBOEはCFTC(米国商品先物取引委員会)により公認されているデリバティブ取引所です。CFTCは米大統領直轄の政府機関であり、それがビットコイン上場を許可したのは、米国の連邦政府が初めてビットコインの存在を公に認めたことを意味するのです。

 

機関投資家のジレンマ

 機関投資家はこれまでビットコインのブームを、指をくわえて傍観してきました。その理由は、機関投資家は顧客の資産を運用するにあたってフィデューシャリー・デューティー(顧客本位の運用をする義務)を負っているからです。そして実際にフィデューシャリー・デューティーに則った運用をしているかどうか? の判断基準として、「ちゃんとした取引所に上場されている資産に投資している」ということが足切りになります。

 いま世界に存在するビットコイン取引所は、いずれも私設取引所に過ぎず、政府公認ではありません。だから機関投資家は、今回CBOEにビットコイン先物が上場されたことで初めてコンプライアンス・リスクを恐れずにビットコインに参戦できるようになったというわけです。

 

次の大きなイベント

 さて、CBOEへのビットコイン先物上場は、このようにビッグ・イベントには違いないのですが、それでも大部分の機関投資家はまだビットコイン投資には食指を動かさないと思います。その理由は、先物取引には限月(げんげつ)というものがあり、一定の期間が過ぎるとそのコントラクトは取引を終了します。つまり「期限付き」の投資対象なのです。

 年金や投信などの機関投資家のポートフォリオは、期限付きではない長期保有できる資産を中心に構成されています。だからビットコイン先物は、それらのファンドには不向きなのです。

 しかしビットコインETFが登場すれば、こちらはほとんどのポートフォリオに組み込み可能です。言い換えれば、今回のビットコイン先物上場は、次の大きなステップに向けた、「踏み台」に過ぎないのです。

 

ビットコインETFがやってくる

 さて、ビットコインETFは、これまでにもいくつかの業者がSEC(米国証券取引委員会)に上場申請してきましたが、ことごとく却下されてきました。

 その理由は「ちゃんとした取引所が存在せず、基準価格が決められないから」というものでした。

 ここでSECが言う「ちゃんとした取引所」とは、米国の連邦政府公認の取引所です。もちろん、CBOEはこれに合格します。

 すると同じ連邦政府機関であるCFTCがOKを出したビットコイン先物に対し、SECが「CBOEでの取引価格は、ちゃんとしてないから承認できない!」と言うと、連邦機関同士で言い争いになることが予想されます。既成事実としてCBOEでのビットコイン先物取引が円滑に執り行われていることができ上がってしまえば、SECは却下する理由を失ってしまうのです。

 ちなみにSECが連邦機関として帯びている責務は、1)投資家保護と、2)証券取引の振興です。すると投資家保護の観点からビットコインETFを却下し続けることはできるけれど、そうすることによって、もうひとつのSECの責務である証券取引の振興は責務を果たしていないことになります。

 いずれビットコインETFが承認されると思うのは、そのような理由によります。

 

ウインクルボス・ビットコインETF

 そこで再び脚光を浴びると思われるのが、ウインクルボス・ビットコインETFです。ウインクルボス兄弟は、いちはやくビットコインの可能性に注目し、ETFの組成の申請を出したことで有名ですが、そのときは、あっさりと却下されてしまいました。

 その理由は彼らが運営しているジェミナイと呼ばれる取引所が、まだヨチヨチ歩きで、信頼に足る機関であるとは認められなかったからです。

 ところが、今回、ビットコイン先物の取引を開始したCBOEは、このジェミナイにおけるオークション価格をレファレンス(参照)価格としています。

 つまり、CBOEでビットコイン先物の取引が開始されたということは、ジェミナイに「お墨付き」が出たのと同じなのです。

 もうひとつ重要な点として、いま各社から提案されているビットコインETFは、その取引開始にあたって「タネ玉」となるビットコインの現物の拠出ができるほどビットコインの確保が進んでいません。唯一、ウインクルボス兄弟だけがすでに10億ドルを超えるビットコインを仕込み済みであり、直ちに流動性のあるETF取引を開始できるポジションにつけているのです。

 ここ数カ月のビットコインのトレードは、先物上場という大材料を中心に動いてきました。しかし、これからはビットコインETFの上場が大材料になります。早く頭を切り替えて、今後のETF業界の対応に注目してください。

 

▼参考記事(仮想通貨関連まとめ記事)

知っておきたい仮想通貨

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

つみたてNISA
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいビットコイン先物の次は、ETF上場。機関投資家が動き出す!

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

ビットコイン先物の次は、ETF上場。機関投資家が動き出す!

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
フレッシャーズ
 
タイムトリップ
 
動画でわかる
 

 

 

 

 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。