お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
中国経済セクター
Bank of China int.
中国セクターレポート
中国の現地証券会社より提供されるアナリストレポートから、各業種ごとの動向をサマリーした「セクターレポート」を日本語でお届けします。 中国株式初心者の方でも分かりやすくまとめており…

中国経済セクター

NEW 2017/12/6
中国経済セクター
facebook twitter

11月27日:2018年もレバレッジ解消や供給側改革などが焦点、GDP成長率6.5%を維持か

 中国経済は世界経済の回復トレンドや金融刺激策、「供給側改革」を受け、2017年に予想以上に堅調に推移したが、政府指導部は10月の第19回党大会で、不動産引き締めとレバレッジ(過剰債務)解消策を継続する方針を確認しており、今後は減速圧力に直面する可能性が高い。それでも、BOCIは2018年のGDP成長率が前年比6.5%を維持するとの見方(2017年、2018年、2019年の予想成長率は各6.8%、6.5%、6.3%)。世界経済の回復傾向の持続や供給側改革の継続、消費アップグレードなどをその理由としている。

 世界経済の回復は中国にとって、金融政策の正常化(従来比で引き締め方向への調整)を進める上で緩衝材としての役割を果たしている。中期的には一段の金融引き締めによる不透明感が存在するものの、短期的には世界経済の回復持続が寄与する可能性が高い。

 中国の輸出はやや減速しつつも、安定増を維持する見込み。BOCIは2017年、2018年の輸出伸び率を前年比7.2%、6%と予測している。対照的に、輸入は17年の同16.4%増から、2018年には8%へ大きく鈍化する見通しという。

 一方、不動産引き締めが続く中、2018年には住宅販売面積が前年比5%落ち込むとの見方(2017年予想は7%増)。数カ月のタイムラグを経て不動産投資も減速するとみて、2018年に同3-4%増との予測を明らかにしている。また、インフラ投資はこれまで中国経済の安定成長に寄与してきたが、中国政府はここに来て地方政府/国有企業の債務を抑制する姿勢を鮮明にしており、BOCIは2017年の前年比14.5%増から、2018年には11%増に減速するとの見方だ。製造業投資に関しては、供給側改革や産業構造の高付加価値化を背景に、2018年に3.5-4.0%の安定増を見込む。

 物価に関しては、BOCIはCPI(消費者物価指数)上昇率が2017年の前年比1.6%から、2018年には2.5%に加速すると予想。リフレーション(デフレーションを脱しながらもインフレには至っていない状態)プロセスが進むとみている。食品、石油価格の上昇とサービス価格の値上がりが背景。ただ、PPI(生産者物価指数)上昇率は17年の6.2%から、3.3%に減速する見通しという。

 第19回党大会では、経済政策の焦点を「高成長」から、「構造シフト・改革・開放を通じたバランスの取れた発展」に移行させる方針が明らかになった。向こう3年間の最優先任務はシステミックリスクの抑制、貧困エリアの発展、環境汚染対策だが、ほかに供給側改革や技術イノベーション、産業アップグレード、消費拡大、サービス業発展などに照準を合わせる方針。また、政府は2018年も中立的な金融政策を維持し、レバレッジ解消策、規制強化を継続する可能性が高い。BOCIはマネーサプライM2伸び率が17年末の前年比8.5%から、2018年末には同8.2%に減速すると予想。人民元の対米ドル相場については、2017年末に1米ドル=6.6元、2018年末には6.4-6.5元を予想している。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

人気記事ランキングTOP
日経平均 上か下か 年末相場どっち?
初心者のためのお金の話
失敗しないための 株主優待の買い方・売り方
トウシル TOP

 


 

 

 

 

 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください中国経済セクター

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

中国経済セクター

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
×

トウシル メールマガジン および SNSについて

メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。

メールマガジン サンプル

メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。