お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
第1回日本の1-3月期実質GDPは堅調、株価は依然として割安
イェスパー・コール
エコノミストが見た、投資のヒント
JPモルガンやメリルリンチにて、常にトップクラスの日本経済のストラテジスト、エコノミストとして知られてきたウィズダムツリー・ジャパンCEOのイェスパーコールが、今の日本経済の見方…

第1回日本の1-3月期実質GDPは堅調、株価は依然として割安

2017/6/8
5月18日(木)に発表された日本の1-3月期実質GDP(速報値)は前期比+2.2%と、成長率ならびにその内訳のバランスが順調に改善しており、日本経済は安定性の砦となった。
facebook twitter メールで送る 印刷

5月18日(木)に発表された日本の1-3月期実質GDP(速報値)は前期比+2.2%と、成長率ならびにその内訳のバランスが順調に改善しており、日本経済は安定性の砦となった。この数値は予想を上回り、もっと重要なことは、ここ10年で初めて5四半期連続の増加となったことである。さらに心強いのは民間需要(個人消費、設備投資、住宅投資、輸出)がプラスに寄与したことであるが、一方で公共投資はほぼゼロであった。

政策面はこの上もなく順調な状況にある。日本経済はバランスの取れた成長局面に入っており、潜在成長率を上回る成長を続けているものの金融政策の変更を招くほどの急ペースではない。日銀は少なくとも今後12~15カ月はゼロ金利政策を維持するとみられる。また、安倍政権はさらなる財政出動に「資金」を拠出する意向である。

投資家にとっては、日本の新たな成長局面と政策安定が絶対的にも海外市場との比較においてもPERの上昇を招くかという点が論点である。理論的には、成長率が加速し、その内訳のバランスが取れていれる状況で金融緩和策を続ければPERは上昇し、リスク・プレミアムは低下する。

ブルームバーグのデータによると、TOPIXのPERは現在16.2倍とS&P500の21.0倍に比べて割安である。この相対的な「日本株ディスカウント」は「米国株プレミアム」の着実な上昇と日本株の本質的なバリュエーションの低下が常態化した2014年半ばから続いている。

当社の予想通り、日本経済が新たなバランスの取れた自立的な成長局面に入っており、金融緩和策を続けて長期国債利回りゼロ%を維持するのであれば、日本株のPERには上昇の余地があると考える。米国の政策の不透明さに絡む短期的な動揺はあるだろうが、構造的にみて日本株のブル相場シナリオに揺るぎはないと思われる。「日本株プレミアム」の妥当性は十分に高いとみている。

TOPIXとS&P500のPER(12カ月移動平均)

(2017年5月18日記)

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

桐谷広人
投資の失敗
日本株
老後破綻

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください第1回日本の1-3月期実質GDPは堅調、株価は依然として割安

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

第1回日本の1-3月期実質GDPは堅調、株価は依然として割安

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
ボーナス投資  
桐谷広人
 
老後破綻

 
株主優待
 
投資の失敗
 
インタビュー
 
楽天証券夏ボーナス
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。