facebook twitter
中国再生可能エネルギー・セクター
Bank of China int.
中国セクターレポート
中国の現地証券会社より提供されるアナリストレポートから、各業種ごとの動向をサマリーした「セクターレポート」を日本語でお届けします。 中国株式初心者の方でも分かりやすくまとめており…

中国再生可能エネルギー・セクター

2015/12/18
中国の現地証券会社より提供されるアナリストレポートから、各業種ごとの動向をサマリーした「セクターレポート」を日本語でお届けします
facebook twitter メールで送る 印刷

12月18日
米国の税控除延長が追い風、中国当局も支援策強化へ

米議会が12月16日、太陽光発電の投資税控除(ITC)の延長を採択した後、米NY市場ではカナディアン・ソーラーなどの関連銘柄が買われた。また、米議会は2015年末に期限を迎えるはずだった風力の生産税控除(PTC)を19年まで延長する方針も同時に決定しており、BOCIは米ゼネラル・エレクトリックを取引先とするギアボックス製造大手、中国高速伝動(00658)にも恩恵が及ぶとみている。再生可能エネルギーに対する政策動向の背景にはCOP21で採択されたパリ協定があり、BOCIは今回の税控除延長を最初の一歩と受けて止めている。中国においても国家発展改革委員会(NDRC)が再生可能エネルギー開発支援策の強化に動くと予想。個別では風力銘柄の華能新能源(00958)、新疆金風科技(02208)に対して強気見通しを維持した。「第13次5カ年計画」の風力設備の導入目標設定や、余剰電力買取制度(RPS)、稼働保証制度といった政策動向が両社の追い風になるとの見方。ただ、短期的な過剰感はすでに株価に織り込み済みとした。

米議会は今回、風力のPTC、太陽光発電のITCの延長を採択した。太陽光のITCは5年延長され、21年末が期限となる。控除率は現在、投資額の30%だが、この先段階的に縮小する見込み。一方、風力のPTCは今回の延長で、19年末までとなり、税控除額は段階的に縮小する運び。現在の物価調整後PTCは1kWh当たり2.2米セント。

一方、中国では17日の国務院常務会議で、李克強首相が新たに原子力発電4基の開発を承認した。防城港原発3号機、4号機(広西チワン族自治区)と田湾原発5号機、6号機(江蘇省)で、前者は中国広核集団(CGN)、後者は中国核工業集団公司(CNNC)に属する。うち防城港については国産第3世代技術「華龍1号」への切り替えを理由に年内の承認が見込まれていたが、田湾は第2世代型「M310アップグレード版」を採用しており、今回の承認は一種のサプライズ。BOCIは輸入第3世代技術「AP1000」や「EPR」を用いたプロジェクトの遅れから、国産技術を採用した新規プロジェクトの認可が続くと予想。次の認可対象は寧徳原発5号機、6号機(福建省)になるとみている。 中国の11月最新統計では、風力発電業界の設備稼働時間数は前年同月比22%減の138時間。最大手の龍源電力(00916)はセクター平均とほぼ同じ23%の落ち込みとなったが、時間数では国内平均を7%上回った。1-11月では国内全体の稼働時間数が前年同期比4.4%減で、発電量は同20.4%増。11月末時点の総容量は前年同期比16.2%増。 太陽光発電業界では11月も多結晶シリコン価格の下落傾向が続いた。BOCIは供給過剰感を理由に、15-16年も同価格の低迷が続くとみている。また、PVインサイツによれば、モジュール価格も直近週に再び下落に転じた。BOCIは価格を下支えできるほど、太陽光設備の据え付けラッシュに勢いはないとの見方。この先、太陽電池やウエハー価格にも下落トレンドが波及する可能性を指摘している。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

投資の失敗
老後破綻
はじめよう株主優待
桐谷広人

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください中国再生可能エネルギー・セクター

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

中国再生可能エネルギー・セクター

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
はじめての下落相場と損
 
インベスターZ
 
投資の失敗
老後破綻
 
ふるさと納税
 
山崎元
イデコ
 
動画でわかる
 
インタビュー
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。