facebook twitter
携帯端末セクター
Bank of China int.
中国セクターレポート
中国の現地証券会社より提供されるアナリストレポートから、各業種ごとの動向をサマリーした「セクターレポート」を日本語でお届けします。 中国株式初心者の方でも分かりやすくまとめており…

携帯端末セクター

2014/12/10
中国の現地証券会社より提供されるアナリストレポートから、各業種ごとの動向をサマリーした「セクターレポート」を日本語でお届けします
facebook twitter メールで送る 印刷

12月10日
世界のスマホ出荷が15年に減速へ、川上のカメラ部品メーカーを有力視

世界のスマートフォン出荷台数が2015年には減速する可能性が高まっている。低価格モデルのシェア拡大や4G機種の価格競争を受け、スマホの平均販売価格(ASP)も引き続き低下する見込み。一方、スマホのアップグレードトレンドが減速する中、一部モデルはセールスポイントとしてデュアルリアカメラ(背面に2つのカメラ)の搭載を開始しており、これがカメラ部品市場の拡大を支える見通しとなった。BOCIは携帯端末のバリューチェーンの中で、光学部品メーカーの舜宇光学科技(サニー・オプティカル・テクノロジー:02382)をトップピック銘柄とし、製品アップグレードの道のりが明確であることや市場におけるリーディングポジションをその理由に挙げている。

世界の14年のスマホ出荷台数は米調査会社IDCの当初予測(12億台)を上回り、前年比26%増の13億台弱に達するとみられるが、15年には同12%増に減速する見込み。中国本土市場については14年の出荷台数の伸びがほぼBOCIの予想(前年比13%)通りとなる可能性が高く、15年には1桁後半の成長に鈍化する見通し。ASPの低下を受け、スマホ市場の売り上げ伸び率はさらに小さくなる可能性が高く、IDCはスマホ出荷額(売上高)の14-18年の伸びを年率4.2%と予想。

デュアルカメラ搭載型スマホの登場は端末カメラモジュール業界の追い風。酷派集団(クールパッド・グループ:02369)は最近、デュアルリアカメラ(13MP)搭載の次世代主力モデルを発表。華為科技の新機種Honor 6 Plusは8MPのフロントカメラに加え、8MPのリアカメラを搭載し、3D画像やリフォーカスが可能になるという。こうしたトレンドは舜宇光学科技など、カメラモジュールサプライヤーにプラスとなる。 通信キャリアが端末補助金の削減に動く中、酷派集団は販売面でのキャリア依存度を軽減するため、新たに子会社2社を立ち上げた。うち1社はサブブランドDazenのオンライン販売を手がける。また、新たな合弁会社はオープンマーケットに照準を合わせ、新たなサブブランドivviを売り出す。これにより、キャリア経由の販売比率は現在の80-90%から50-60%に低下する見通しという。 最新の業界ニュースに目を向けると、まず注目されるのは米クアルコムに対する独占禁止法違反の調査結果。調査開始から約1年を経てまもなく結果が発表される運びとなり、一部では10億米ドルの罰金処分が下るとのうわさが流れている。一方、サムスンはコスト削減と利益率の確保に向け、スマホ機種の数を25-30%削減する方針。中価格および低価格モデルの共有コンポーネントを増やし、スケールメリットを活かすという。 BOCIはスマホ出荷伸び率の減速に加え、4Gチップセットの供給増、サムスンの低価格-中価格機種へのシフトが競争激化を招くとみて、川上のサプライヤー銘柄を選好。アップグレード製品を常に端末ベンダーに供給する舜宇光学科技を有力視している。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください携帯端末セクター

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

携帯端末セクター

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
年末高
 
投資ワクワク
 
お宝優待株
 
投資の失敗
 
はじめての下落相場
 
はじめよう株主優待生活
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。