お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
中国不動産セクター
Bank of China int.
中国セクターレポート
中国の現地証券会社より提供されるアナリストレポートから、各業種ごとの動向をサマリーした「セクターレポート」を日本語でお届けします。 中国株式初心者の方でも分かりやすくまとめており…

中国不動産セクター

2014/11/24
中国の現地証券会社より提供されるアナリストレポートから、各業種ごとの動向をサマリーした「セクターレポート」を日本語でお届けします
facebook twitter 印刷する

11月24日 
利下げ効果で15年の市況改善に期待、第2四半期にも販売価格上昇か

中国人民銀行(中央銀行)は11月21日、2年ぶりとなる利下げを発表した。BOCIは不動産市場にプラスと受け止めながらも、住宅物件の販促効果に対してやや慎重。その理由として、ローン金利より、不動産ローンに対する銀行側の貸し渋り姿勢が物件の売れ行きに影響している現状を指摘した。住宅ローンから得られる市中銀行の利ざや(純金利マージン)は薄く、BOCIは銀行側が利下げを受け、積極姿勢に転じるかどうか疑問視している。ただ、そうは言っても、利下げは住宅購入意欲の改善につながる可能性が高く、ここに来て販売状況が改善している不動産市場にとって、一定の支援材料となる見込み。BOCIは不動産市況が2015年に前年比で改善すると予想。セクター全体の株価について25%程度の上値余地を見込んでいる。

ここ数カ月間に行われた住宅ローン規制の緩和やその他の締め付け緩和を背景に、中国の不動産販売面積の前年比変動率はこのところ安定している。BOCIは利下げを機に消費者の様子見姿勢に変化が生じると予想。結果的に物件販売の一定の底上げに寄与するとみている。また、今年累積してきた需要の発現を見込み、15年の不動産市況が14年比で上向くと予想。12月以降に前年同月実績が低下することも、今後の販売増に寄与する見通しを示した。BOCIは販売面積が15年第1四半期にプラス成長に転じるとの見方。平均販売価格(ASP)については、早ければ第2四半期にも前月比で上向きに転じるとみている。

供給サイドに目を向けると、14年の新規着工面積が過去5年で最も低い水準にとどまったことで、15年の新規供給量は前年を下回る見込み。これが購買意欲の改善やASPの回復に寄与する可能性が高い。短期的にはASPの前月比での下落が続くとみられるが、BOCIは「前月比のASP動向は1-2カ月のタイムラグを置いて、前年同月比の販売面積変動率と密接に連動する」と指摘。需要・供給の両面から、15年第2四半期のASP回復を予測している。

BOCIによれば、本土不動産セクターは現在、1株当たりNAV(純資産価値)を59.7%下回る水準で取引されている。中国不動産市場の過去10年間にわたる急成長期はすでにほぼ終わったものの、市況回復が期待される15年には、NAVに対するディスカウント率が50%程度に縮小すると予想。この想定に基づき、セクター全体で25%程度の上値が期待できるとしている。

個別では業界最大手クラスの銘柄を選好。うち中国海外発展(00688)について、事業エリアの多様性や財務指標の健全性などを前向きに評価した。他に売れ行きが好調で、持続可能なビジネス戦略を実行している一部銘柄を有力視。この点では融創中国(01918)に対して強気見通しを示している。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください中国不動産セクター

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

中国不動産セクター

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。