facebook twitter
中国通信セクター
Bank of China int.
中国セクターレポート
中国の現地証券会社より提供されるアナリストレポートから、各業種ごとの動向をサマリーした「セクターレポート」を日本語でお届けします。 中国株式初心者の方でも分かりやすくまとめており…

中国通信セクター

2014/5/2
中国の現地証券会社より提供されるアナリストレポートから、各業種ごとの動向をサマリーした「セクターレポート」を日本語でお届けします
facebook twitter メールで送る 印刷

5月2日
税制改革がキャリア3社に打撃、基地局設置で共同出資会社設立へ

中国当局は通信業界を対象に、現在適用している「営業税」を「増値税」(付加価値税:VAT)に換える税制改革を試験実施する方針であり、通信キャリア3社は2014年4月末、6月1日付でVAT制に移行すると発表した。この税制変更は3社にとって一定の打撃となり、BOCIの試算によれば、うちチャイナ・テレコム(00728)、チャイナ・ユニコム(00762)の利益は向こう2年、そろって17%、20%の幅で目減りする見込み。チャイナ・モバイル(00941)の利益に関しては、人件費比率の相対的な低さや設備投資額の大きさから、向こう2年の影響が7%、9%にとどまる見通しという。一方、通信キャリア3社は先ごろ、基地局タワーの設置や保守などを手掛ける共同出資会社を設立する計画を発表したが、BOCIによれば、この計画は4Gネットワークの敷設コスト軽減やカバーエリアの拡大につながる点で、チャイナ・テレコムとチャイナ・ユニコムに明らかに有利。最大手のチャイナ・モバイルはこの計画を通じて資産評価益を計上する見通しだが、カバーエリアなどの点で、長期のアドバンテージを失う可能性があるという。

BOCIが示した試算によれば、VAT移行に伴うチャイナ・モバイルへのマイナス影響は明らかに他2社より小さく、他2社の利益は15年に各20%の幅で大きく減少する見込み。ただ、マイナス影響は段階的に「中立的」となり、17年以降はプラスに転じる可能性がある。

一方、通信キャリア3社が過去25年間に建設した基地局は2G、3G、4G合計で約200万棟。BOCIによれば、屋外のマクロベースの基地局タワーは3社合計で100万棟弱。過去5年間の世界の買収案件を見る限り、タワー1棟当たりの買収価格はおおむね10万米ドル程度であり、BOCIは100万棟の市場価値が1000億米ドルに上るとみている。 基地局に関するキャリア3社の共同出資計画を受け、市場では設備投資の縮小観測が広がり、通信設備セクターに影響すると懸念が広がった。ただ、BOCIはこうした観測には根拠がないと指摘。実際にキャリアが設備購入を減らすことは考えにくいとしている。 BOCIはキャリア3社のうち、チャイナ・モバイル株価の先行きに弱気見通しを継続する一方、チャイナ・テレコムおよびチャイナ・ユニコムに対して強気見通しを維持している。VAT制への移行は向こう2年間の両社利益に打撃を及ぼすものの、BOCIは政策不透明感の一つが払拭されたと前向きに受け止めている。BOCIによれば、両銘柄にとっては3社間の交渉が長引き、共同出資会社の設立に予想以上の時間がかかる可能性や、4G規格FDDの事業免許交付の遅れなどが潜在的なリスク要因になり得るという。一方、BOCIは通信設備銘柄の中で、中興通訊(00763)に対して強気の見通しを示している。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください中国通信セクター

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

中国通信セクター

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
はじめての下落相場
 
投資の失敗
 
お宝優待株
 
人気記事ランキング
デイリー週間月間
投資ワクワク
 
年末高
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
はじめよう株主優待生活
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
キャリマガ
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。