facebook twitter
香港不動産セクター
Bank of China int.
中国セクターレポート
中国の現地証券会社より提供されるアナリストレポートから、各業種ごとの動向をサマリーした「セクターレポート」を日本語でお届けします。 中国株式初心者の方でも分かりやすくまとめており…

香港不動産セクター

2014/3/18
中国の現地証券会社より提供されるアナリストレポートから、各業種ごとの動向をサマリーした「セクターレポート」を日本語でお届けします
facebook twitter メールで送る 印刷

3月18日
不動産相場は向こう12カ月で10%下落見通し、主要銘柄株価に一段の調整余地

香港政府が2013年2月、住宅取引印紙税の税率を倍増させるなどの過熱抑制措置を導入して以来、香港系不動産デベロッパーの株価は平均15%調整し、ハンセン指数を10%の幅でアンダーパフォームした。実際の不動産市況に目を向けると、価格指標となる「中原城市先行指数」(CCL)のこの間の下落率はわずか4%。デベロッパー銘柄の株価動向を不動産価格の先行指標と捉える香港市場では、「不動産相場が向こう12カ月間にさらに10%下げる」との見方が優勢となっている。そこで、不動産銘柄にこの先一段の調整余地があるかどうかが注目ポイントとなるが、BOCIは「バリュエーションの面から一定の下落余地が残る」と見方。中国本土の景気減速や利上げの可能性などをその理由に挙げている。

香港系の不動産開発銘柄は現在、1株当たり予想NAV(純資産価値)を平均47%下回る低水準で取引されている。ただ、BOCIによれば、現在株価に織り込まれた不動産相場の下落見通しが、予想NAVには反映されておらず、これがディスカウント率を拡大させている最大の要因。ブルームバーグおよびファクトセットのコンセンサス予想をみる限り、13年2月の不動産締め付け以来、NAVの下方修正はほとんど行われていない。一方、ヒストリカルデータに基づくBOCIの分析によれば、向こう12カ月間に不動産平均価格が10%下落すると仮定した場合、不動産銘柄のNAVは平均およそ25%の下方修正に値する。この結果に沿ってNAVを調整すると、現在株価の対NAVディスカウント率は22%と、ヒストリカル平均値の21%にほぼ並ぶという。

仮に2011年の欧州債務危機当時の状況をあてはめた場合、不動産銘柄の一段の下落余地は計算上17%となり、個別では新鴻基地産(00016)が12%、長江実業(00001)が20%、恒基兆業地産(00012)が23%、信和置業(00083)が12%。BOCIは2011年当時に比べ、世界経済が相対的に堅調であることを理由に、実際の下落余地が分析結果より小幅にとどまる可能性を指摘している。ただ、その一方で中国本土の景気減速や利上げ観測に触れ、「現在株価がヒストリカル平均値並みであっても、市場環境を全面的に反映しているとは言えない」との見方。この先一段の下落余地が残るとの見解を明らかにしている。

なお、BOCIは今後予想される香港不動産市場の調整について、アジア通貨危機があった1997年当時やリーマンショックの2008年当時に比べて小幅にとどまるとの見方だ。ただ、この先の不動産相場の下落見通しを受け、開発銘柄より、投資(賃貸)銘柄を選好。オフィス需要の地理的分散化の恩恵が及び、かつ現在株価が予想NAVを大きく下回る太古地産(01972)などの不動産投資銘柄が当面、開発銘柄をアウトパフォームするとみている

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください香港不動産セクター

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

香港不動産セクター

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
はじめての下落相場
 
投資の失敗
 
お宝優待株
 
人気記事ランキング
デイリー週間月間
投資ワクワク
 
年末高
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
はじめよう株主優待生活
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
キャリマガ
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。