facebook twitter
通信機器セクター
Bank of China int.
中国セクターレポート
中国の現地証券会社より提供されるアナリストレポートから、各業種ごとの動向をサマリーした「セクターレポート」を日本語でお届けします。 中国株式初心者の方でも分かりやすくまとめており…

通信機器セクター

2013/7/18
中国の現地証券会社より提供されるアナリストレポートから、各業種ごとの動向をサマリーした「セクターレポート」を日本語でお届けします
facebook twitter メールで送る 印刷

7月18日
TD-LTEが世界で主流に、中国メーカーへの恩恵を見込む

BOCIの独自調査によれば、世界中ですでに104のTD-LTEライセンスが発行されている(5月末時点)。TD-LTEに認可された周波帯は今後商用サービスに利用される見通し。FDDとの関係については、競合よりも共存が業界の一般的な見方で、TDDとFDDの融合が今後の傾向になるとみられている。BOCIはTD-LTEがアジア太平洋、米国、中東の各市場の主要ネットワークになり、世界シェアの3分の1を占めると予想。TD-LTEでは中国メーカーが優位にあるとみて、中国通信機器セクターに対する見方を「オーバーウエート」に据え置いている。

世界中の通信キャリアが4Gネットワークの導入を加速。米国、日本、韓国がパイオニアだが、2013年は中国および欧州市場で本格的に広がり、インドなど新興市場でも14年までに大規模なスケールで導入が始まる見通しだ。このため、通信機器メーカー、特に中国メーカーにとって、大きなビジネスチャンスの到来が見込まれる。

中国では、チャイナ・モバイル(00941)が20万の基地局設置など、TD-LTE対応のインフラ整備を加速している。メディアの報道によれば、同社は4Gライセンスの取得に向けすでに通信機器を調達し、多くの都市でTD-LTEネットワークへのアップグレードを実施。当局の4Gライセンス発行時期は9月頃になるとBOCIは見込んでいる。中国での4G本格導入に向け、欧州メーカーも市場シェア確保に躍起になっているが、BOCIは中興通訊(00763)および華為科技が国内TD-LTE市場の50%を確保すると予想している。

FDD-LTEはWCDMAからのアップグレードとなるため、現在のところ海外市場におけるキャリアのシェアに変動はみられないが、将来的にはデータ通信量の増加に伴いFDD-LTEの限られた周波帯が問題となり、上りと下りで2つの周波帯を必要としないTD-LTEの魅力が増すとみられる。FDDとTDDのデュアル方式の採用により、TD-LTEはいずれ世界市場の3分の1のシェアを占める見通しで、中国の通信機器メーカーはこの恩恵を享受することになる。

調査会社iSuppliの予想によれば、世界の携帯通信機器市場は16年までに5709億米ドルに達するという。LTEは同市場成長の牽引役であり、中興通訊および華為にとってビジネスチャンスの到来。さらに、無線ブロードバンドへの設備投資は、烽火通信科技(600498)、武漢光迅科技(002281)、京信通信系統控股有限公司(002342)などの機器メーカーにも恩恵が及ぶ見通し。BOCIはTD-LTE機器ベンダー大手の中興通訊をセクターのトップピックに推奨。リスク要因には、一部メーカーの13年6月中間決算が不振だった場合の株価への影響を挙げている

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください通信機器セクター

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

通信機器セクター

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
年末高
 
投資ワクワク
 
お宝優待株
 
投資の失敗
 
はじめての下落相場
 
はじめよう株主優待生活
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。