お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
薬品株がカリフォルニア州提案第61号によって受ける影響について
広瀬 隆雄
わかりやすいグローバル投資レポート
グローバル投資に精通する広瀬隆雄氏に、新興国株式だけでなく、米国株、欧州株をはじめとする先進国株式など、海外全般の経済や投資ストラテジーをご紹介いただきます。

薬品株がカリフォルニア州提案第61号によって受ける影響について

2016/11/8
11月8日に米国の大統領選挙があります。実はこの日、有権者は大統領を誰にするか?について投票することに加え、上院議員、下院議員に関しても投票します。さらに州によっては住民投票も併せて行われます。カリフォルニア州の場合、17もの案件について住民投票が行われます。
facebook twitter 印刷する

【今日のまとめ】

  • 大統領選挙に併せて加州提案第61号が住民投票に付される
  • 退役軍人省の享受するレートに合せることで処方薬を安く買う
  • 加州がそれをやるとメディケイドの他のプランも自動的にそれに揃える必要がある
  • 製薬会社にとり、値引き圧力が強まる

カリフォルニア州提案第61号とは

11月8日に米国の大統領選挙があります。実はこの日、有権者は大統領を誰にするか?について投票することに加え、上院議員、下院議員に関しても投票します。さらに州によっては住民投票も併せて行われます。カリフォルニア州の場合、17もの案件について住民投票が行われます。

その中で今日はカリフォルニア州提案第61号(Proposition 61)について解説します。

カリフォルニア州提案第61号はカリフォルニア州の機関が処方薬を買う際、米国退役軍人省(United States Department of Veterans Affairs、略してVA)が今支払っている薬価よりも高い値段で購入することを禁止する法案です。

加州の公的機関は年間37.9億ドルを薬代に使っている

カリフォルニア州で医療費の負担元となっている主な政府機関には次のようなものがあります。

(出典:California Official Voter Information Guide)

処方薬の値引き情報は普通秘密だが退役軍人省は例外

通常、処方薬には正価(List Price)がありますが、実際には保険会社など、医療費の最終負担者によってディスカウントがあります。処方薬が実際には幾らで売られているか?という情報は当事者同士で秘密保持契約が結ばれており、おおやけに出来ません。

退役軍人省は約900万人の退役軍人の医療の面倒を見ており、その関係で処方薬の費用を負担しています。通常、退役軍人省はかなり有利なレートで処方薬を購入することが出来ます。

退役軍人省が幾らでそれぞれの処方薬を買っているか?については情報公開によってそのレートが開示されています。

カリフォルニア提案第61号は、上記のカリフォルニアの公的機関が製薬会社から処方薬を購入するとき、この退役軍人省の処方薬購入リストに記載された価格と同等か、それ以下でなければ、その薬を買ってはならないという立法です。

製薬会社がこの立法を恐れる理由

メディキャルは「カリフォルニア版メディケイド」です。メディケイドとは低所得者・障害者向け公的医療保険制度の名称です。

連邦政府の法律では、メディケイドで購入される処方薬は、そのプログラム内で使われている最も安い契約に合せなければいけません。

するともしメディキャルが退役軍人省の享受している安いレートで処方薬を購入できるようになれば、それが全米のメディケイドにも自動的に適用されなければいけなくなるわけです。

これは製薬会社にとって値引き圧力が強まることを意味します。

予想されるリアクション

カリフォルニアで購入される処方薬のうち、上の表で示した公的機関による購入は全体の12%にすぎません。残りは企業の医療保険制度などになります。

もし公的機関による処方薬の金額が、退役軍人省のレートに揃ってしまえば、製薬会社はそれ以外の買い手の薬価を吊り上げることによって失った利益を取り戻そうとすることが予想されます。

またそのような価格転嫁が出来ない場合は、カリフォルニアの公的機関には処方薬を販売しないという方法で利幅を守ろうとするかもしれません。

いずれにせよ提案第61号は、ただでさえ薬価高騰問題の渦中にある製薬・バイオ業界の業績見通しを、一層、不透明にします。

大方の予想では、提案第61号が過半数を獲得するかどうかは、五分五分の確率だそうです。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください薬品株がカリフォルニア州提案第61号によって受ける影響について

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

薬品株がカリフォルニア州提案第61号によって受ける影響について

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。