facebook twitter
ヒラリー・クリントン候補の薬価高騰問題に関する政策提言と、それが製薬会社に与える影響について
広瀬 隆雄
わかりやすいグローバル投資レポート
グローバル投資に精通する広瀬隆雄氏に、新興国株式だけでなく、米国株、欧州株をはじめとする先進国株式など、海外全般の経済や投資ストラテジーをご紹介いただきます。

ヒラリー・クリントン候補の薬価高騰問題に関する政策提言と、それが製薬会社に与える影響について

2016/9/6
米国の大統領選挙は11月8日の本投票に向けて熱気を帯びています。いよいよ9月26日には民主党の推す大統領候補ヒラリー・クリントン氏と共和党の推すドナルド・トランプ候補がニューヨークで第一回テレビ討論会を行います。
facebook twitter メールで送る 印刷

【今日のまとめ】

  • ヒラリー・クリントン候補が薬価高騰問題を解決するための政策提言を発表
  • 後発医薬品部の予算増額、患者自己負担分の値上げ率に上限を設ける、新規参入を遅らせる和解金の支払いなどの非競争的行為の禁止が提言された
  • 今回の政策提言の背景には「エピペン問題」がある
  • 製薬会社の強欲というよりは自由競争の欠如が問題
  • 略式新薬承認申請(ANDA)の審査待ちのバックログ解消が急務
  • クリントンの提言はポイントを突いたものなので、彼女が大統領になると製薬会社の収益環境は厳しくなる

ヒラリー・クリントン候補の政策提言の内容

米国の大統領選挙は11月8日の本投票に向けて熱気を帯びています。いよいよ9月26日には民主党の推す大統領候補ヒラリー・クリントン氏と共和党の推すドナルド・トランプ候補がニューヨークで第一回テレビ討論会を行います。

これに先がけて9月2日(金)にヒラリー・クリントン候補が、最近、注目されている薬価の高騰問題に関し、それを解決するための政策提言を発表しました。

かいつまんで言えば、その提言の骨子は:

  • 米国食品医薬品局の後発医薬品部(Office of Generic Drugs)の予算を直ちに増額し、未処理になっている略式新薬承認申請(ANDA)の審査にすぐにとりかかる
  • 継続して薬を使用しなければいけない患者の自己負担額の毎年の値上げ率に一定の上限を設ける
  • 新規参入を遅らせる目的で先発医薬品メーカーが後発医薬品メーカーへ和解金(Pay-for delay)を払うなどの非競争的な行為を禁止する

などから成っています。今日はこの政策提言が製薬会社に与える影響について考えてみます。

エピペン問題

クリントン候補がこの政策提言を行った背景には「エピペン問題」があります。

エピペンとはアドレナリン自己注射薬を指します。特定の食品に強いアレルギー反応を示す患者は、急性アレルギー反応に襲われたら一刻を争います。そこで応急的にショックを緩和するため、普段からエピペンを携行し、症状が出たら自分でそれを投薬するのです。

この薬が必要な患者にとっては、エピペンは命に関わる重要な薬です。ところがこの薬が400%も値上げされたことから製薬会社の暴利に対し、世間からの風当たりが強くなったというわけです。

エピペンのメーカーは保険会社、ディストリビューター、薬剤給付管理会社(PBM)などの中間業者に支払われるコストが上昇しているのが値上げの背景であると主張しました。

これに対してPBMのロビイスト組織である薬学ケアマネージメント協会(PCMA)は強烈に反発しており、罪のなすりあいの様相を呈しています。

競争の確保の重要性

しかし如何に製薬会社が強欲でも、競争が激しければ無理な値上げは出来ません。値上げが出来る背景には、競合薬が無いという条件が必要になります。

そこで後発医薬品の承認をスピードアップすることが決め手になるのです。

しかし新薬や後発医薬品を承認するためには米国食品医薬品局もそれなりの労力を使い、その薬が安全であることを確かめなければいけません。つまり審査にかかる費用も莫大だということです。

現在、略式新薬承認申請(ANDA)の審査待ちになっている案件は2年分もあります。ヒラリー・クリントンの政策提言の中に後発医薬品部の予算増額が盛り込まれているのはこのためです。

薬品株への影響

今回のヒラリー・クリントン候補の政策提言は全体的にポイントをおさえた、効果的な政策だと評価できます。したがってもし11月の大統領選挙で彼女が勝った場合は製薬会社にとって競争激化と価格プレッシャーを意味することになると思います。つまり薬品株は、引き続き投資しにくい環境になるということです。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

1周年特集
投資の失敗
桐谷広人
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいヒラリー・クリントン候補の薬価高騰問題に関する政策提言と、それが製薬会社に与える影響について

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

ヒラリー・クリントン候補の薬価高騰問題に関する政策提言と、それが製薬会社に与える影響について

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
1周年特集
 
ハゲタカ
 
世界のリスクを総点検
投資の失敗
 
はじめての下落相場と損
 
株主優待・桐谷広人
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
 
老後破綻
 
動画でわかる
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。