facebook twitter
FOMCに対する期待と市場への影響
広瀬 隆雄
わかりやすいグローバル投資レポート
グローバル投資に精通する広瀬隆雄氏に、新興国株式だけでなく、米国株、欧州株をはじめとする先進国株式など、海外全般の経済や投資ストラテジーをご紹介いただきます。

FOMCに対する期待と市場への影響

2016/3/8
次の連邦公開市場委員会(FOMC)は、3月15・16日に予定されています。今回、利上げは無いというのが市場のコンセンサスになっています。
facebook twitter メールで送る 印刷

【今日のまとめ】

  • 次のFOMCは3月15・16日
  • 今回は利上げナシがコンセンサスとなっている
  • 原油高、ゴールド高で、デフレ懸念は遠のいた
  • 米国経済は底堅く、世界の景気を下支えする
  • 年内の利上げは2回程度と思われる
  • 利上げ局面では素材、資源、市況株にシフトせよ

連邦公開市場委員会に対する期待

次の連邦公開市場委員会(FOMC)は、3月15・16日に予定されています。今回、利上げは無いというのが市場のコンセンサスになっています。

年初から2月にかけて、世界のマーケットはギクシャクした展開でした。中国経済の鈍化に対する懸念や欧州の銀行の自己資本の問題などがその原因だと言われています。

一時は「今年、米国連邦準備制度理事会(FRB)は、もう利上げ出来ないのではないか?」という極端な悲観論すら出ました。

後退するデフレ懸念

しかしその後、原油価格は出直りの様子を見せています。

同様に金価格も急反発を見ています。

このためデフレ懸念はひとまず後退したと見て良いでしょう。また「今年はもう利上げできないだろう」という声も弱まりました。

米国経済はしっかり

米国の雇用は、すこぶる好調です。先週発表された非農業部門雇用者数は楽々とコンセンサス予想(19.3万人)を上回りました。

さらに労働力率も、良い感じで上昇しています。

こうしたことを背景に、市場参加者はこれまでの「中国経済の鈍化が、米国を含めた世界経済全体を巻き添えにする」というシナリオから、次第に「米国経済の底堅さが世界経済を下支えし、中国が経済の構造改革をするチャンスを提供する」という楽観的なシナリオにシフトし始めています。

このため「たぶん、今年中に1回ないしは2回の利上げがある」と考える投資家が増えています。

継続利上げを視野に入れたポートフォリオ戦略

過去の経験則では、FRBが利上げする局面ではマルチプル・コントラクションが起こることが知られています。マルチプルとは「倍率」の意味で、具体的には株価収益率(PER)の倍率を指します。コントラクションというのは「縮む」という意味です。

つまり投資家が(このくらいなら払っても良いな)と感じる、妥当PERの数字がスルスル下がってくるというわけです。

そのような場合、一般にグロース株はPERが高い場合が多いので、そのような高PER株ほど苦戦すると言われています。

逆に利上げ局面では素材、資源、市況株がアウトパフォームしやすいと言われています。

現在の相場は、このような「教科書通り」の取り組み方で良いのではないでしょうか?

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいFOMCに対する期待と市場への影響

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

FOMCに対する期待と市場への影響

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
年末高
 
投資ワクワク
 
お宝優待株
 
投資の失敗
 
はじめての下落相場
 
はじめよう株主優待生活
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。