facebook twitter
TCL多媒体科技控股有限公司(ティーシーエル・マルチメディア・テクノロジー・ホールディングス)
Bank of China int.
中国銘柄レポート
中国の現地証券会社より提供されるアナリストレポートから、当社の取扱銘柄を中心とした「企業レポート」を日本語でお届けします。 中国株式初心者の方でも分かりやすくまとめており、会社・…

TCL多媒体科技控股有限公司(ティーシーエル・マルチメディア・テクノロジー・ホールディングス)

2011/11/9
スピードと効率性を重視した戦略が奏功、シェアと利益率の拡大で業績改善
facebook twitter メールで送る 印刷

スピードと効率性を重視した戦略が奏功、シェアと利益率の拡大で業績改善

現地コード 銘柄名 株価 情報種類
01070 TCL多媒体科技控股有限公司(ティーシーエル・マルチメディア・テクノロジー・ホールディングス)  2.46 HKD
(11/09現在)
 株価
 企業情報
 チャート

BOCIは、中国におけるLEDバックライト式テレビ、3Dテレビ、スマートTVといったハイエンド製品を中心とした液晶テレビの需要拡大を見込み、TCL多媒体科技控股有限公司(TCL)の利益率が今後大幅に改善すると指摘。今年に入りスピーディーかつ効率的な経営戦略が奏功していることからも同社の今後の業績を期待視している。これらを踏まえて同社の株価の先行きを強気見通しに、目標株価は2011年予想PER7倍を基準に設定した。

同社はCCFL(冷陰極管)型パネルの在庫処分の影響で前年度は損失を計上したものの、在庫一層後は業績が急速に改善。今年はスピードと効率性を重視した経営戦略を掲げ、市場シェア拡大と大量取引による交渉力強化を図っている。特に今年7月以降、中国のテレビ販売台数は急速に伸びており、波に乗った同社の戦略が奏功した。「DisplaySearch」によると、11年4-6月期の同社液晶テレビ出荷台数シェアは15.33%と前年同期を3.3ポイント上回り、スカイワース(00751)を抜いて業界2位に浮上した。

ただ、スカイワースは3Dテレビなどハイエンド製品の販売比率が高いため、粗利益率ではTCLを上回っている。11年9月の国内テレビ販売シェアを見ると、3Dテレビのシェアはスカイワースが30.9%、TCLが10.7%。国内ではインターネットTVと3Dテレビの人気が高く、これらの普及が進むとともにTCLの3Dテレビ販売量も増えるとみられるため、今後の利益率アップが見込まれる。今年9月の国内液晶テレビ市場におけるインターネットテレビおよび3Dテレビのシェアはそれぞれ30.1%、10.7%。

液晶テレビの需要に対して液晶パネルの生産量が増加傾向にあるため、供給過剰からパネル価格は低調に推移している。欧州の債務危機や米国の景気停滞で世界的なテレビ需要が勢いを欠く中、中国の液晶パネルメーカーは11年下期に相次いで新たな生産ラインを稼働。こうした状況下、パネル価格は向こう数カ月間停滞が続く見通しで、テレビメーカーは原料コスト削減の恩恵を享受できるとBOCIは指摘している。

「DisplaySearch」は12年のテレビ出荷台数について、市場全体を前年比10%増としたのに対し、TCL、スカイワース、コンカ、ハイアール、長虹、ハイセンスといった中国主要テレビブランドは同14-38%増に達すると予想。3Dおよびスマートテレビが需要をけん引し、なかでも3Dテレビの人気が顕著だという。AVCによると、11年4-6月期の国内液晶テレビ市場に3Dテレビが占めた割合は8.4%。10-12月期には3Dテレビのシェアが22-24.9%に達すると予想している。

 

 

 

 

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

投資の失敗
老後破綻
はじめよう株主優待
桐谷広人

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいTCL多媒体科技控股有限公司(ティーシーエル・マルチメディア・テクノロジー・ホールディングス)

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

TCL多媒体科技控股有限公司(ティーシーエル・マルチメディア・テクノロジー・ホールディングス)

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
はじめての下落相場と損
 
インベスターZ
 
投資の失敗
老後破綻
 
ふるさと納税
 
山崎元
イデコ
 
動画でわかる
 
インタビュー
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。