お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
戻りの勢いが続くか?「はらみ足」に注意
土信田 雅之
テクニカル風林火山
テクニカルアナリストの土信田雅之が、マーケットスピードを用いたテクニカルな視点で国内株式市場の動向を読み解いていきます。

戻りの勢いが続くか?「はらみ足」に注意

2014/6/20
「アフター米国FOMC」となった今週19日(木)の国内株市場は大きく上昇しました。日経平均は3月の戻り高値水準をようやく回復した格好です。
facebook twitter 印刷する

「アフター米国FOMC」となった今週19日(木)の国内株市場は大きく上昇しました。日経平均は3月の戻り高値水準をようやく回復した格好です。また、先週「維持できるか?」と注目していたMACDもシグナルを微妙に下回っているものの、シグナルの水準で一応踏みとどまっていると言えます。

(図1)日経平均(日足)チャートとMACD

(出所:MARKETSPEEDを元に筆者作成)

国内株市場はここのところ新興株市場の動きが目立っていましたが、実は東証1部の年初来高値更新銘柄数は100銘柄を超える日が多く、地味ながらも買われているものは買われていました。そのため、東証1部の指数であるTOPIXについても見てみたいと思います(下の図2)。

(図2)TOPIX(日足)チャート

(出所:MARKETSPEEDを元に筆者作成)

TOPIXも3月の戻り高値を超えており、日経平均よりもやや強いといった印象です。両者に共通しているのは、これから年初来高値を目指すにあたって、1月23日から24日にかけてローソク足が離れて位置しており、いわゆる「窓」を空けているという点です。この窓を埋めるには相場のエネルギーや材料が必要になるため、ここからが直近の相場の上昇の勢いが試される局面に入ることになります。

また、19日のローソク足はともに足の長い陽線(終値が始値よりも高い白い線)となっており、翌20日の値動きがポイントとなります。注意したいのは「はらみ足」と呼ばれる形が出現するかどうかです。はらみ足とは、当日のローソク足が前日のローソク足の範囲内に収まる形のことです(図3)。

(図3)はらみ足

はらみ足の出現は、「前日に株価が大きく動いたのにもかかわらず、当日は前日の値幅内で売りと買いが交錯してしまっているので、もしかしたら相場の勢いが弱くなっているのでは?」という考え方で、相場の流れが変わる前兆とされています。天井圏で出現すれば売りの前兆、底値圏で出現すれば買いの前兆というわけです(図4)。

(図4)はらみ足のパターン

もっとも、はらみ足はあくまでも相場の勢いの鈍化を意味するものであって、トレンドの転換を示すサインでありません(そのため前述では前兆という言葉にしています)。そのため、そのままトレンド転換となるケースもあれば、ひとまず小休止した後に再び勢いを取り戻すというケースもあり得ます。いずれにしても、はらみ足が出現すればいったん警戒し、前日の終値もしくは高値を超えるローソク足が出現すれば、トレンドの勢いが続いていると短期的には判断できそうです。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください戻りの勢いが続くか?「はらみ足」に注意

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

戻りの勢いが続くか?「はらみ足」に注意

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
 
 
 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。