お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
中国電力セクター
Bank of China int.
中国セクターレポート
中国の現地証券会社より提供されるアナリストレポートから、各業種ごとの動向をサマリーした「セクターレポート」を日本語でお届けします。 中国株式初心者の方でも分かりやすくまとめており…

中国電力セクター

2010/12/8
中国の現地証券会社より提供されるアナリストレポートから、各業種ごとの動向をサマリーした「セクターレポート」を日本語でお届けします。
facebook twitter 印刷する

12月6日 「中立」
石炭値上げ凍結措置の効力に疑問符、電力各社のコスト軽減効果は期待できず

中国の国家発展改革委員会(NDRC)はインフレ抑制策の一環として石炭価格の抑制措置を強化しており、11月22日には石炭生産者に自主的に2011年度向け発電用炭契約価格の値上げを抑えるよう要求した。その後12月1日には大手生産者を対象に11年度向けの契約価格の値上げを禁止し、10年度並みに据え置くよう指示。また、同時に石炭生産者による投機活動を厳しく禁止する方針を通達した。このニュースを受け、2日の香港市場では電力銘柄が軒並み大幅に値を上げたが、これはマーケットの一時的な過剰反応とみられ、翌3日には反落する展開となった。

BOCIはこうした政府当局の措置を「スポット価格の値上がり防止を目的としたけん制」と受け止めており、実質的な効果を疑問視している。実際に石炭スポット価格を抑制するのは極めて難しいとの見方であり、石炭積み出し港・秦皇島における5500キロカロリー種価格が11月22日以降に前週比1.3%高の1トン当たり810元に達したことを指摘した。また、中国政府は現在、CO2排出削減政策に基づく電力供給制限を行っているが、BOCIはこの措置が終わり次第、向こう3カ月にわたって電力需要が急増すると予想。これが結果的に石炭スポット価格を押し上げるとみている。

また、陝西省、河南省などではすでに2011年度の石炭契約価格の値上げが決定しており(陝西省では1トン当たり40元、河南省では同30-50元値上げ)、地方レベルでの値上げ禁止措置の徹底は難しいとされている。石炭会社側としても、契約販売比率を低減させ、スポット販売を増やすなどの方法で値上げ禁止措置に対処することが可能。実際、BOCIのリサーチによれば、電力各社側も発電用炭契約価格の前年比5%の値上げを見込んでいるという。

電力各社が大手石炭会社から年間契約ベースで調達する石炭は総所要量の15-25%で、その他一部は各省の中小生産者から調達する。NDRCの指示はこうした中小生産者に対しては必ずしも有効ではなく、BOCIは大手以外から調達する分の発電用炭契約価格について、前年比5%の値上げを想定。NDRCの値上げ凍結目標の達成率がほぼ同様の環境下にあった2008年並みの78-95%にとどまると予測し、電力各社によるスポット市場での石炭調達比率も11年には32-53%に上向くとの見通しを示した。こうした点から、電力銘柄が受ける政策の恩恵はほとんど期待できないとし、単位当たり燃料コストに関する予測値に変化はないとしている。

BOCIは電力銘柄の2011年利益モデルにおいて標準型石炭コストの前年比3%の上昇を想定し、電力セクター全般に対する中立的な見通しを継続した。個別では石炭価格上昇に対する抵抗力の強さなどから、華潤電力控股(00836)、大唐国際発電(00991)などの銘柄を有望視している。

 

 

 

 

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください中国電力セクター

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

中国電力セクター

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。