facebook twitter
BRICs・VISTA・PIIGS・フラジャイル5に続くキーワードは何か?
窪田 真之
3分でわかる!今日の投資戦略〔平日毎朝8時掲載〕
楽天証券経済研究所の窪田真之と香川 睦が、日本株市場の分析と投資戦略をレポートします。 ともに元ファンドマネージャーであり、国内外のマーケット動向に精通。運用者、分析者としての幅…

BRICs・VISTA・PIIGS・フラジャイル5に続くキーワードは何か?

2014/4/8
約25年間の国内株式の運用経験を活かしたマーケットコメントを毎営業日無料で提供いたします。
facebook twitter メールで送る 印刷

昨日の日本株は反落しましたが、引き続き「買い場」の判断を継続します。

一方で、世界経済は中国の低迷が続きそうなことが懸念材料ですが、インド・インドネシアなど新興国の一部に、成長力を回復する期待が出ていることは明るい兆しです。
過去10年、新興国の成長や信用不安をめぐって、いろいろなキーワードが作られました。成長する新興国の頭文字をとって作られたのがBRICSとVISTAで、リーマン・ショック後に信用状態の悪化した欧州諸国や新興国を現す言葉として注目されたのがPIIGSとフラジャイル5です。さて、次に話題になるキーワードは何でしょうか?

ところで皆様は、BRICS・VISTA・PIIGS・フラジャイル5があらわす国名をすべて言えますか。

(1) 高すぎる成長が続くと、構造問題が発生する

2008年にリーマン・ショックが起こる直前まで、世界中の新興国は同時に高成長を謳歌していました。

  • BRICs(ブリックス): 高成長するブラジル(BRAZIL)・ロシア(Russia)・インド(INDIA)・中国(CHINA)の頭文字をとって作った言葉です。
  • VISTA(ビスタ): 次に高成長が期待できる国として、ベトナム・インドネシア・南アフリカ共和国・トルコ・アルゼンチンの頭文字をとって作られた言葉です。

これらの言葉が作られた2001年から2006年当時は、通貨統合を果たしたEU諸国の成長率も高まっており、もちろん日本もアメリカも好調でした。

ところが、後から振り返ると、この時の成長率が高過ぎて、世界中に構造問題(バブル)が発生しました。

2008年に、アメリカでは住宅ローンバブルが崩壊し、リーマン・ショックが起こりました。バブル崩壊は瞬く間にヨーロッパに伝播し、欧州の不動産も下落、欧州バブルも崩壊しました。

  • PIIGS(ピーグス):過重債務をかかえて信用状態の悪化した欧州の5カ国、ポルトガル・アイルランド・イタリア・ギリシア・スペインの頭文字をとって作られた言葉です。

昨年は、対外負債が大きいことから不安視された5つの新興国、フラジャイル・ファイブ(ひ弱な5カ国)の問題も注目されました。

  • フラジャイル5:ブラジル・インド・インドネシア・南アフリカ・トルコの5カ国

おもしろいことに、フラジャイル5は、かつてBRICS、VISTAなどと呼ばれて高成長をはやされた国々です。高すぎる成長が続き、経済体質が劣化したことが、近年の危機を招いたといえます。

今年に入ってから、フラジャイル5よりもさらに財政状態のよくない国として、アルゼンチン・ウクライナ・ベネズエラの問題もクローズアップされました。

(2) 欧州債務危機は緩和、新興国の信用不安も徐々に緩和へ

成長が続くと、構造問題がおこりますが、危機がおこると構造改革が進んで経済体質が強化されます。欧州諸国は、構造改革の実行で、経済体質を改善しつつあります。改革は道半ばですが、経常収支の赤字体質は、解消しつつあります。

また、人口増加が続く新興国は、時間はかかってもいずれ成長軌道に戻ることが期待されます。インド・インドネシアに改善の兆しがあります。新興国も危機がおこり、少しずつ構造改革が進んでいくと考えられます。インド・インドネシアがその先陣を切れるか注目です。

さて、世界で注目される国々をあらわす次のキーワードは何になるでしょうか?私は、再び高成長をはじめる国々が注目されると思います。

ミャンマー・インド・ナイジェリア、そしてフィリピンなどが候補です。語呂合わせとしては、MINP(ミンプ)とでもしておきましょうか。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

1周年特集
投資の失敗
桐谷広人
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいBRICs・VISTA・PIIGS・フラジャイル5に続くキーワードは何か?

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

BRICs・VISTA・PIIGS・フラジャイル5に続くキーワードは何か?

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
1周年特集
 
世界のリスクを総点検
 
投資の失敗
TOP100ランキング
 
はじめての下落相場と損
 
株主優待・桐谷広人
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
 
老後破綻
 
動画でわかる
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。