facebook twitter
IMMポジション分析:円ロング、4週ぶりに増加
荒地 潤
デイリー為替情報
当情報では、ブレークアウトシグナル、パワーインジケーターなどトレードに役立つ指標を駆使して、各国の通貨の動向やトレンドの動向をお客様に配信しています。各通貨の動きに注目することで…

IMMポジション分析:円ロング、4週ぶりに増加

2016/8/9
CFTC(全米先物取引委員会、Commodity Futures Trading Commission)発表による8月2日現在の建玉報告によると、CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)通貨先物市場において、投機筋の円のネットロング枚数は
facebook twitter メールで送る 印刷

ドル円ピークアウトで、円ロング再始動。

IMMポジション推移

080901

円: 円ロング前週比19.3%増

CFTC(全米先物取引委員会、Commodity Futures Trading Commission)発表による8月2日現在の建玉報告によると、CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)通貨先物市場において、投機筋の円のネットロング枚数は、前週比19.3%増加して41,700枚になりました。4週間ぶりにロングポジションが増えました。

内訳をみると、円買い越し(円ロング)枚数が前週比プラス3.4%の一方、円売り越し(円ショート)枚数はマイナス10.8%になっています。

7月のドル円は、半月足らずのうちに7.5円も円安が進みました。ところが、月末のFOMCと日銀会合が終わった途端に、今度は101円台へと逆戻りを始めることになりました。円安で調整を余儀なくされていたIMMのポジションも、ドル円が100円割れを目指して下落するのを見て、再びロングポジションを増やしはじめたようです。

27日に開かれたFOMCは、市場予想通りFFレート誘導目標の0.25-0.50%据え置きを決定。しかし、声明では「短期的なリスクは後退」したとして、労働市場の回復や、英EU離脱後の金融市場の安定を評価。年内利上げを十分に期待させる内容でした。しかしドル円の反応はイマイチで、106円まで上昇した後、すぐに105.13円まで下落しました。

一方日銀は、29日の会合において、金融緩和の強化としてETF買い入れ額を倍増して年間約6兆円にすることを決定しました。しかしそれ以外については、三次元の金融緩和の「質(資産買入れ方針)」、「量(マネタリーベース)」、「金利(マイナス金利)」の全てにおいて現状を維持。一部では日銀の緩和限界説もささやかれ、ドル円は105円台半ばから102円台へ急落しました。

また、米4-6月期GDPは予想を大きく下回る弱い内容で、さらに過去分も下方修正されました。FOMC後から盛り上がりつつあった米利上げ期待に水を差し、売り地合いだったドル円はさらに下げ足を速めると102円台を通り抜けて、101.97円まで大幅下落しました。

080902

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

 
世界のリスク
はじめての下落相場
年末高
ラクしてちょい稼
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいIMMポジション分析:円ロング、4週ぶりに増加

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

IMMポジション分析:円ロング、4週ぶりに増加

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
世界のリスク
 
年末高
 
投資ワクワク
 
お宝優待株
 
投資の失敗
 
はじめての下落相場
 
はじめよう株主優待生活
 
人気ブロガー
 
NISAつみたてNISAロールオーバー
 
老後破綻
 
動画でわかる
 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。