お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
ポンドが急反発、英利上げ期待再浮上で。円は111円台の取引継続。
FXデイリーチャート
楽天証券では2009年8月10日(月)より、お客様の投資判断をサポートする投資情報として、主要通貨のトレンドを分析した「FXデイリーチャート」の提供を開始いたしました。 当情報は…

ポンドが急反発、英利上げ期待再浮上で。円は111円台の取引継続。

2017/6/22
ダドリー・NY連銀総裁のタカ派発言が引き金となって、をきっかけに20日に111.77円まで上昇した米ドル/円は、この日も底固い動き。欧州時間には111.06円まで下げる場面がありましたが、押し目買いも強く、またポンド/円の上げにも助けられて、NY時間には111.73円まで上昇しました。
facebook twitter 印刷する

昨日(2017年06月21日)の動向

ダドリー・NY連銀総裁のタカ派発言が引き金となって、をきっかけに20日に111.77円まで上昇した米ドル/円は、この日も底固い動き。欧州時間には111.06円まで下げる場面がありましたが、押し目買いも強く、またポンド/円の上げにも助けられて、NY時間には111.73円まで上昇しました。その後はやや押し戻されて、終値は前日比ほぼ変わらずの111.367円(前日比-0.085円)

米利上げに関しては、FOMCのメンバーの意見が一致しているわけではなく、カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁は、経済データにほとんど変化が見られないとして今回の利上げに反対しています。また、エバンス・シカゴ連銀総裁も、次回利上げは年末まで待つべきとの見解を示しています。ダドリー・NY連銀総裁の見解がFOMCの総意ではないということです。

ポンド/ドルは反発。ポンド/ドルは、前日のカーニー総裁のスピーチから上値が重い動きが続き、1.2589ドルまで下値を拡大。3名のMPC委員が利上げ賛成票を投じるという結果になったBOE会合の後で、カーニー・BOE総裁のマンションハウスのスピーチは、タカ派色に欠けていました。カーニー総裁は「今は政策金利を引き上げる時ではない」と述べ、マーケットの利上げ期待に冷や水を浴びせかけました。

ところが、BOEのハルデーン理事が、「今年下半期の利上げが好ましい」との見解を示したことで1.2703ドルまで急反発。ポンド/円も139.84円まで下げてから、140.73円へ急速に買い戻されました。ハト派と見られているハルデーン理事が利上げを主張したことで、BOEの早期利上げ期待が再燃したのですが、BOEが利上げするときはサプライズで実施するとは考えられず、前もってインフレレポートなどを通じてマーケットに周知するというプロセスを踏むはずです。そうなると、利上げは、早くても11月ということになりそうです。

NZドルは、RBNZ会合後に上昇。RBNZは今朝の会合で、政策金利を(OCR)を現行の1.75%に据え置くことを発表しました。NZドル/ドルは0.7258ドルまで、NZドル/円も80.82円まで上昇。ただ決定は予想通りで、またRBNZのNZ高けん制発言に対する警戒もあって後続の買いはありませんでした。

2017年06月21日のBID値 始値 高値 安値 終値
米ドル/円 111.437 111.732 111.067 111.367
ユーロ/円 124.075 124.455 123.655 124.357
豪ドル/円 84.486 84.508 83.880 84.122

米ドル/円 1時間チャート

米ドル/円 1時間チャート

ユーロ/円 1時間チャート

ユーロ/円 1時間チャート

豪ドル/円 1時間チャート

豪ドル/円 1時間チャート

本日(2017年06月22日)の展望

【米ドル/円】

レジスタンスは111.95円(2017年05月25日高値圏)、サポートは 110.60円(2017年06月16日安値圏)です。

  レジスタンス R1 レジスタンス R2 サポート S1 サポート S2
米ドル/円 111.95 112.15 110.60 109.25

米ドル/円 5分足チャート

米ドル/円 5分足チャート

【ユーロ/円】

ユーロ/円のレジスタンスは124.70円(2017年06月05日高値圏)、サポートは 123.50円(2017年06月16日安値圏)です。
ユーロ/ドルのレジスタンスは1.1230ドル(2017年06月15日高値圏)、サポートは 1.1095ドル(2017年05月19日安値圏)です。

  レジスタンス R1 レジスタンス R2 サポート S1 サポート S2
ユーロ/円 124.70 125.45 123.50 122.30

ユーロ/円 5分足チャート

ユーロ/円 5分足チャート

【豪ドル/円】

レジスタンスは84.50円(2017年06月21日高値圏)、サポートは 82.90円(2017年06月15日安値圏)です。

  レジスタンス R1 レジスタンス R2 サポート S1 サポート S2
豪ドル/円 84.50 85.10 82.90 82.55

豪ドル/円 5分足チャート

豪ドル/円 5分足チャート

  • 上記各5分足チャートは、当日 2017年06月22日 現在のものです。
  • コメント欄の語句について R=上値抵抗線 S=下値支持線

本日(2017年06月22日)の主な指標

注目度 発表時間 指標 予想 前回
★★ 21:30 (米) 前週分新規失業保険申請件数 24.0万件 23.7万件
★★ 21:30 (加) 4月小売売上高(前月比) 0.3% 0.7%
★★ 23:00 (欧) 6月消費者信頼感(速報値) -3.0 -3.3
  • 発表時間はいずれも東京時間
  • 注目度は★低~★★★高で示します

当資料は投資判断の参考情報として提供しており投資勧誘を目的としていません。投資の最終決定はご自身でご判断ください。楽天FXで取引するには委託証拠金の差入れが必要です。取引手数料は無料ですが、各通貨ペアごとに異なるスプレッドがかかります。実際の取引では少額の委託証拠金でその額を上回る額の取引を行うことができ、そのため、差入れた委託証拠金を上回る大きな損失が発生する恐れがあります。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

つみたてNISA
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいポンドが急反発、英利上げ期待再浮上で。円は111円台の取引継続。

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

ポンドが急反発、英利上げ期待再浮上で。円は111円台の取引継続。

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
フレッシャーズ
 
タイムトリップ
 
動画でわかる
 

 

 

 

 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。