お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
ベトナムの外国人持ち株比率上限引き上げが株式市場に与える影響
広瀬 隆雄
わかりやすいグローバル投資レポート
グローバル投資に精通する広瀬隆雄氏に、新興国株式だけでなく、米国株、欧州株をはじめとする先進国株式など、海外全般の経済や投資ストラテジーをご紹介いただきます。

ベトナムの外国人持ち株比率上限引き上げが株式市場に与える影響

2014/4/30
1.ベトナムは外国人持ち株比率上限引き上げに前向き2.企業統治の面で大きなプラスに3.非効率な国有企業にメスが入るきっかけになるか?…
facebook twitter 印刷する

今日のまとめ

  1. ベトナムは外国人持ち株比率上限引き上げに前向き
  2. 企業統治の面で大きなプラスに
  3. 非効率な国有企業にメスが入るきっかけになるか?
  4. ベトナム経済の基礎的要件は改善している
  5. 持ち株比率上限引き上げは株式再評価のきっかけになる可能性がある

ベトナムは外国人持ち株比率上限引き上げに前向き

来日しているベトナムのディン・ティエン・ズン財務相が、年内をメドに外国人持ち株比率上限を現行の49%から60%に引き上げることを検討していると述べました。

これは重要な材料です。

なぜならベトナムは1986年にドイモイ政策と呼ばれる経済自由化政策を打ち出して以来、市場経済への移行を目指してきたのですが、本当の改革は、遅々として進んでいないからです。

ここで本当の改革が具体的に何を指すかといえば、それは企業統治の問題です。

ベトナムでは外国人持ち株比率の上限が49%に設定されてきた関係で、外資が経営の主導権を握ることは出来ませんでした。

地元のパートナーに遠慮した仕事の進め方しかできないことから、経営改革の妨げになってきました。

ベトナムはプライドの高い国で、とりわけお役所は絶大な力を持っています。ベトナムの役人は「自分たちはフランス人にもアメリカ人にも戦争で勝った。だから外国から教えられることは何もない」という考え方をします。

実力が伴っている場合であれば、官僚のそういう自尊心も悪いことではないと思います。しかし実際にはベトナムの民間人は勤勉で創意に富んでいるけれど、お役所から絡むと、とたんにビジネスが上手くいかなくなる傾向があります。

ベトナム経済全体に占める国有企業の占める割合は、近年も低下するどころか逆に支配が強まっています。

ベトナムは1997年に国有企業を株式会社化しました。そして2000年にホーチミン証券取引センターが開設されるわけですが、これは株式会社化した国有企業の株主たちに対し、ちゃんとした流通市場を提供する意図がありました。つまり株式市場と国有企業はスタート当初から切っても切り離せない関係にあるのです。

大量の従業員を抱えた国有企業がベトナムの実業界や株式市場でのさばることで、民間企業のクラウディングアウトが起こっています。

実は同様の事が中国でも見られました。しかし中国政府は国有企業の株式を海外市場に上場することを奨励し、それを経営改革のきっかけにしました。世界の投資家の前に晒されることで経営の透明性を確保し、世界水準の企業統治を目指したわけです。

つまり「お役所体質」にメスを入れる改革の努力は、ベトナムより中国の方が一歩進んでいたのです。今回、ベトナム政府が外国人持ち株比率を引き上げるということは、ようやくベトナムも改革に本気を出したと評価できるのです。

改善したベトナムのファンダメンタルズ

さて、ベトナム経済の基礎的要件ですが、全体的にはしっかりしています。

まずGDP成長率ですが、このところ新興国各国が成長率を落とす中、ベトナムは高度の成長を維持しています。

ベトナム経済の弱点であるインフレ体質には改善の兆しが見えています。

失業率は安定しています。

政府の負債比率も安定しています。

特に経常収支が改善したことは投資家にとって心強いです。

以上のことからベトナム経済はおおむね好調であり、外国人持ち株比率上限が引き上げられた場合、同国の株式市場が再評価される可能性は高いと思われます。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

はじめよう株主優待
人気記事ランキングTOP
トウシル TOP
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせくださいベトナムの外国人持ち株比率上限引き上げが株式市場に与える影響

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

ベトナムの外国人持ち株比率上限引き上げが株式市場に与える影響

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
 
 
 

 

 

メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。