facebook twitter
中国の戸籍制度緩和が中国株に与える影響
広瀬 隆雄
わかりやすいグローバル投資レポート
グローバル投資に精通する広瀬隆雄氏に、新興国株式だけでなく、米国株、欧州株をはじめとする先進国株式など、海外全般の経済や投資ストラテジーをご紹介いただきます。

中国の戸籍制度緩和が中国株に与える影響

2013/11/18
今日のまとめ、1.「一人っ子政策」や戸籍制度の緩和が発表された2.なかでも戸籍制度の緩和は農村戸籍保持者の社会保障充実のために欠かせない3.セーフティーネット…
facebook twitter メールで送る 印刷

今日のまとめ

  1. 「一人っ子政策」や戸籍制度の緩和が発表された
  2. なかでも戸籍制度の緩和は農村戸籍保持者の社会保障充実のために欠かせない
  3. セーフティーネットが不十分だったので貯蓄性向が高すぎた
  4. 改革は自動車などの高額アイテムの消費を刺激する

3中全会で重要な決定が

先週、中国で共産党第18期中央委員会第3回全体会議(=略して3中全会)が開催されました。

海外のメディアは「一人っ子政策」の緩和を主に報道しています。中国の就労人口が今後減少に転じる見込みであることを考えれば、この緩和は歓迎すべきことです。

3中全会では、その他にも金利・為替制度の自由化、土地改革など、幅広い分野における改革が打ち出されました。

その中でも特に投資家が注意すべき改革は、戸口(フーコー)制度の緩和です。

戸口制度とは

戸口とは、日本語の戸籍に相当します。この主な目的は農村人口が都市に急速に流れ込んでしまうことを抑制する点にあります。このため最初から都市に生まれている人には城市戸口(都市戸籍)を、農村に生まれた人には農村戸口(農村戸籍)を与えています。

農村戸口を持つ人は、原則として都市に移り住むことは禁止されていますので、日本で転勤になったとき、家族が新しい土地に行ったとき、転入届に相当する手続きが出来ないわけです。

すると子供は転校生として公立の学校に転入することも出来ません。同様に出稼ぎ先の福祉や公共サービスなども事実上受けられないカタチになっているのです。

しかし出稼ぎ労働者はそのような不都合を承知で都市にやってきて仕事を見つけました。その意味では、戸籍による都市への人口流入抑制は、成功しなかったと言う事も出来ます。

予算や貯蓄性向の面からこの問題を考えると

さて、中国政府の財政支出の面から見ると農村のために使われた支出は総支出の六分の一程度です。農村人口が、中国全体の人口の過半数を占めているのに、その農村に対して使われている予算が少額で済んでしまっているひとつの原因は、労働者が都市に出てしまって、「不在」になっているので、地方政府の実際のサービス負担が、登記上の負担より小さいためです。

逆の言い方をすれば、農村戸口を持っている労働者は、都市に出てきているがゆえに、みすみす受けられる公共サービスの一部を放棄せざるを得なかったと形容することも出来るでしょう。

政府が面倒を見てくれないわけですから、頼れるのは自分だけになるわけです。すると出稼ぎ労働者は普通の城市戸口保有者より何かの時のための備えのため、貯蓄を多くすることになってしまいます。貯蓄性向が高いのは社会のセーフティーネットが未整備だからという風に考えることも出来るわけです。

中国の政府の予算は、他の先進国などと比べると極めて健全です。それは良い事には違いないのですが、その裏には、このようなアンダー・スペンディング(過小支出)の問題が隠れているのです。

今回の改革と投資への意味合い

今回の戸籍制度の改革では大都市への人口流入に関してはこれまで通り、厳格な制限が堅持されています。しかし地方の中規模の都市への人口流入に関しては戸籍制度が緩められました。

もちろん、これは地方政府の負担増加要因になります。でも逆に言えば地方都市への出稼ぎ労働者は安心して消費を楽しむことが以前より出来るようになることを意味します。

社会福祉制度の充実が、自動車をはじめとするビッグ・チケット・アイテム(高額消費材)の売れ行きに影響することは、既にアメリカなどでも実証済みです。

中国はこれまでの輸出一辺倒の経済から、内需依存型の経済へと構造転換している最中です。消費の健全な成長は、その体質改善の中核となる取り組み課題です。

今回の戸口制度の緩和は、この問題を根本的なところから直してゆこうとする試みであり、大いに評価できます。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

1周年特集
投資の失敗
桐谷広人
このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください中国の戸籍制度緩和が中国株に与える影響

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

中国の戸籍制度緩和が中国株に与える影響

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント
1周年特集
 
ハゲタカ
 
世界のリスクを総点検
投資の失敗
 
はじめての下落相場と損
 
株主優待・桐谷広人
美白YouTuberが紹介!無理なくカンタンな貯蓄術のススメ
 
老後破綻
 
動画でわかる
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。