お金と投資をもっと身近に
facebook twitter
中国電力・ガスセクター
Bank of China int.
中国セクターレポート
中国の現地証券会社より提供されるアナリストレポートから、各業種ごとの動向をサマリーした「セクターレポート」を日本語でお届けします。 中国株式初心者の方でも分かりやすくまとめており…

中国電力・ガスセクター

2013/3/13
BOCIは中国の電力・ガスセクター全般に対する見通しをまとめる中で、都市ガスセクターに対する強気見通しを明らかにした。
facebook twitter メールで送る 印刷

3月7日
クリーンエネルギー投資の伸びを予測、川上の供給過剰で川下部門が有利

BOCIは中国の電力・ガスセクター全般に対する見通しをまとめる中で、都市ガスセクターに対する強気見通しを明らかにした。また、大気汚染が深刻化する中、今後もクリーンエネルギー投資が焦点になると予想。さらに川上の原材料および設備部品の供給過剰感に言及し、現状は総じて川下セクターに有利との見方を示している。

【電力セクター(IPP)】
石炭の価格下落を受け、電力各社は2012年本決算で大幅増益を達成する見通しだが、石炭相場の年間下落率が2-4%にとどまる予想から、2013年は収益成長が鈍る可能性が高い。また、動力炭の長期契約価格をめぐる石炭生産者と電力各社との協議の難航が懸念材料。BOCIは石炭価格の下落や昨年の利下げによるプラス影響はすでに織り込まれたとし、セクター全体に対して中立的な見通しを示している。

【発電設備】
12年通期には投資の減速や利幅低下を受け、個別に前年比6-18%の減益となる見込み。ただ、13年には発電プロジェクトへの総投資額が前年比8%増加すると予想され、利益率も横ばい、あるいは効率改善を受けて上向きに転じる可能性がある。BOCIはH株発電設備セクター全般に対して強気見通しを明らかにしている。

【都市ガス】
国内ガス需要は12年も力強い伸びを維持したとみられ、個別に前年比18-30%の増加が見込まれる。また、15年まで業界全体で17%の伸びが続く見通し。こうした中、「ガス管接続」「都市ガス販売」という2つの収入源のバランスや顧客構成比(住宅、商工業)などが個別銘柄の収益成長を左右する要因となる。また、新規の都市ガス・プロジェクトの買収ペースが減速する中で、この先は自律成長力がカギとなる見込み。BOCIはセクター全体に対して強気見通しを示している。

このほか、クリーンエネルギー部門にとっては、中国国内の大気汚染の深刻化が結果的に政策的な追い風となっている。国内景気の回復もクリーンエネルギー投資を加速させるとみられ、こうした環境は設備メーカーに有利とみられる。

電力・ガス業界では総じて川上の供給過剰感が強く、川下部門が相対的に有利。例えば石炭価格は構造上の問題から一時的に反発しつつも軟調推移が見込まれ、これは川下の火力発電部門のコスト軽減につながる。また、風力発電設備の供給過剰は川下の発電事業者に有利。さらにガス・インフラの整備加速は都市ガス事業者の価格交渉力の強化につながる見込み。一方、BOCIはこれまで深刻だった太陽光発電部品の供給過剰について、14-15年には段階的に緩和に向かうとみている。

個別銘柄の成長性を決める要因は、発電設備セクターでは発展戦略や事業構成比。都市ガスセクターではスケールや顧客構成比。風力発電では立地や送電網との接続状況。BOCIは中国燃気(00384)、新奥能源(02688)、龍源電力(00916)を電力・ガス銘柄のトップピックとしている。

【この記事に対するアンケート回答はこちらから】

トウシルのオススメ記事

▲トウシルトップページへ

 

つみたてNISA
人気記事ランキングTOP

 

このレポートについてご意見・ご感想をお聞かせください中国電力・ガスセクター

本コンテンツは情報の提供を目的としており、投資その他の行動を勧誘する目的で、作成したものではありません。銘柄の選択、売買価格等の投資の最終決定は、お客様ご自身でご判断いただきますようお願いいたします。本コンテンツの情報は、弊社が信頼できると判断した情報源から入手したものですが、その情報源の確実性を保証したものではありません。本コンテンツの記載内容に関するご質問・ご照会等には一切お答え致しかねますので予めご了承お願い致します。また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

記事についてのアンケート回答確認

中国電力・ガスセクター

今回のレポートはいかがでしたか?
コメント

 

 
フレッシャーズ

 
タイムトリップ
 

 

 
メールマガジン

直近1日の記事を配信します

配信:平日毎営業日配信
祝日・GW・夏季/冬季休暇 を除く

公式SNS

タイムリーな情報を
ゲットできます

配信:記事配信時 随時
facebookおよびTwitterには一部配信しない記事もあります

TOP
×
トウシル メールマガジン および SNSについて
メールマガジン 申込み

トウシルメールマガジンではレポートやコンテンツ等、直近1日の記事をお知らせします。
本メールは配信希望のお客様に平日毎日お届けしております。
リアルタイムでの情報取得は、公式SNS(facebook、twitter)もあわせてご利用ください。

  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。
メールマガジン サンプル
メールマガジンサンプル
  • 「メールマガジン 選択/受付」画面から購読を選択できます。
  • 楽天証券のメルマガをすでに配信希望にされている方は、
    初期設定としては購読申し込みとなっている場合があります。
  • メールマガジン購読申し込みには、楽天証券会員登録(口座開設)が必要となります。
Gmailサービスをご利用の方へ
メールマガジンを受信時正しく表示されないことがございます。あらかじめご了承ください。